失敗しない服選び【メンズは単品で買うとダサいコーデ一直線】

街コン運営スタッフの経験からファッションについてお話してきました。

特に「街コンでモテる男とモテない男の違い」は大きな反響がありまして、とても嬉しいです。

今回、こんな質問をいただきました。

「失敗しない服選びのコツってありますか?家に帰ってから買ってきた服を合わせるとイメージと違うことが多いです。」

この経験、私もよくありました。

お店で見た時には「かっこいい!」って思ったのに、後日着てみると「あれ…?」ってなる現象。

原因があったんです。

ファッションの基本 トータルで決まる

失敗しない服選びについて考える前に、ファッションの基本を確認したいと思います。

ファッションは、全体の組み合わせで印象が決まります。

…当たり前ですよね?

1着100万円のジャケットを着たとしても、

ズボンがよれよれで汚かったらダサいファッションの完成です。

「言われなくても分かってる!」っていうツッコミが聞こえてくるようですが、あなたは本当に実践できていますか?

男は単品のデザインや質にこだわるな

失敗しない服選び

男性が服選びで失敗しやすいのは、単品で買うからです。

例えばこんなパターン。

「そろそろ暖かくなってきたなあ」→服屋に行く→気に入ったTシャツと薄手のアウターを買う」

これ、危険な行動パターンなんですけど分かりますか?

Tシャツを買うのがダメなんじゃないですよ。

この行動パターンで危険なのは、全身コーデのイメージがあやふやなまま服屋に行く点です。

服選びが得意な人は、「今年の春・夏はこんなコーデをしよう→このズボンに合うトップスを買おう」と考えます。

服選びが苦手な人は、服屋に行ってから「何を買おう?」と考えています。

事前に考えているのは「涼しい服を買いに行こう」という漠然としたイメージ。

そして陳列された商品を見て、サイズが合うか確認して買って終了。

ファッションは全体で決まるのに、全体像をイメージしないまま単品の商品を買うから失敗するんです。

お店で服を買う時の失敗しない手順

典型的な失敗パターンから脱出するには、事前のイメージが大事です。

まずは、ズボンを決めておきましょう。

「今持っているこのズボンに合う服を買おう。色は白で。」

せめてこれぐらいのイメージが欲しいですねえ。

そして、必ず決めたズボンを履いて買いに行きましょう。

カッコいいズボンがない場合は、こちらの記事を参考にしてくださいね。

服屋では、ひたすら気になった服を試着して実際に全身コーデを作って買います。

単品のデザインでは判断しません。

ただ、この方法は慣れないうちは時間がかかるのが難点。

慣れてくると自然と全身コーデのイメージが固まって効率よく服を選べるようになりますが…

最初は今までの倍は時間がかかるでしょう。

楽にオシャレな服を買う方法

「そんな面倒なこと誰がするんだ!」っていう声がまた聞こえてきました^^;

確かに大変ですよね。

ところで、最初に言ったファッションの基本って覚えてますか?

「ファッションは全体の組み合わせで印象が決まる」

ファッションがややこしいのは、全体で決まるものなのに単品で売っていることです。

最初から全身コーデで売ってくれれば問題は解決すると思いませんか?

全体像のイメージができてないのに、単品を無理やり組み合わせようとするから失敗するんです。

私はこのことに気づいてから、服選びがすごく楽になりました。

服屋で買うときは、基本的に上下セットものを買います。

メンズで上下セットのものって少ないんですけどね…

私は最近、コーディネートごと洋服が買える通販サイト『メンズファッションプラス』で買うことが多くなりました。

すごく楽なんですよねえ。

全身コーデを作るのは難しいけど選ぶのは簡単です。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA