弓道で左肩が抜ける人への改善法!入らない原因は引き分け前にあり

弓道で左肩が抜ける原因と対策

先日、こんな質問が届きました。

「わたしはいつも左の肩がすぐ抜けてしまいます。なにかよい改善方法はありますか?」

左肩が抜けてしまう人の原因と改善法について解説します。

スポンサーリンク

原因は引き分けまでにあり

弓道で左肩が抜ける原因と対策

まず最初に原因についてお話します。

左肩が抜けやすい人の多くは、引き分けをする以前に原因を作っています。

引き分け開始前の時点で胴造りが崩れ、左肩が抜けている。

だからこそ、なんとか引き分けで左肩を入れようとしても上手くいかないのです。

逆に言えば、引き分けまでの過程を改善すれば「左肩を入れよう」と思わなくても自然に正しい位置に収まります。

ではどうすればいいのか?

左肩が抜けやすいポイントを1つずつ見ていきましょう。

早い人は取懸で左肩が抜ける

弓道の左肩が抜ける原因と改善法

まず最初のチェックポイントは、取懸です。

足踏み・胴造り…

そして取懸をする頃には、すっかり胴造りを忘れている人がいます。

せっかく最初に作った三重十文字が崩れてしまい、わずかに左肩が後ろに抜ける。

後になればなるほど、立て直すのが難しくなります。

取懸をしてから、また胴造りを入れ直す人も要注意。

身体の向きがズレたままになる可能性が高いです。

胴造りは作って終わりではなく、最後の瞬間までキープするもの。

射法八節は全て繋がっていることを忘れないでください。

斜面の人は弓構えに注意

弓道で左肩が抜ける原因と改善法

左肩が抜けやすい瞬間はまだまだ続きます。

次は斜面の人限定の話ですが、弓構えで左肩が抜けることがよくあります。

羽引きをするとき、目で手元を見ていますよね。

そのとき胴造りを忘れていると、身体まで斜めを向いてしまいます。

そのまま打ち起こしに入ってしまうと、もう元に戻せません。

物見で左肩が抜ける人も

弓道で左肩が抜ける原因と改善法

いよいよ打ち起こしに入るのですが、ここでも左肩が抜けやすいポイントがあります。

物見を入れる瞬間です。

顔を左に向けるときに、身体も一緒に動いて斜めを向いてしまうことがあります。

その状態で大三まで行ってしまうと、もうアウト。

大三で胴造りを整え直すのは難しいので、肩のラインが崩れたまま引き分けを開始するしかありません。

弓道では次の動作に移る瞬間に乱れが生まれがち。

気を抜く瞬間はないですよ。

大三で肩を落とすのはダメ

弓道で左肩が抜ける原因と改善法

無事に打ち起こしが終了して大三を作れたとしても、まだ油断できません。

ここでも多くの人がやりがちなミスがあります。

大三を作ったら「フーっ」と息を吐いて肩を落としていませんか?

実はこれもダメな動作。

息を吐くのは構いませんが、肩だけ落とすのは間違いです。

そもそも人の身体は、手を高く上げると肩も上がるようにできています。

わざわざ肩を落として整える必要はありません。

試しに何も持たずに大三を作ってみてください。

肩も自然と上がるはずです。

手を下ろせば肩も一緒に下がるので、わざわざ引き分け前に肩だけ落とすのは不自然。

胴造りが崩れるリスクを高めるだけです。

肩が窮屈に感じるぐらい上がる人は、手を高く上げすぎか、すでに押し負けている証拠。

大三以前の動作を見直す必要があります。

そもそも大三は止まっている状態ではなく、ジワジワ押している状態。

休憩ポイントではありませんよ。

引き分けにスムーズに移るための準備動作であることを忘れないでくださいね。

弓が照ると左肩も抜けやすい

弓道の左肩が抜ける原因と改善法

ここまでのことを実践すれば、ほぼ左肩は抜けません。

あと意識するべきことがあるとすれば、弓が照っていないかどうかでしょうか。

弓構えや打ち起こしの過程で押すのをやめると、押し負けて弓が照り気味になります。

結果的に左肩も抜けがちです。

弓道は弓を押し開き始めたら、離れるまで止まることなく押し続ける必要があります。

上手な人は止まっているように見えても、常にジワジワと押し返していますよ。

0.1ミリ単位でジワジワと押し広げるような感覚。

射法八節は流れを途切れさせてはいけません。

>>弓道で弓が照る人はヤバイぞ!原因と対策を解説

壁のそばのゴム弓・素引きでチェックを

弓道で左肩が抜ける原因と改善法

身体の動きは無意識に行っている部分が大半。

できているつもりでも、三重十文字が崩れていることもよくあります。

常に他の人に見てもらうのも難しいので、自分でチェックする方法をご紹介しましょう。

方法はシンプル。

壁のそばに背を向けて立つ。あとはゴム弓や素引きを普通に行うだけです。

壁を基準にすることで、自分の身体の向きが変化したことに気づきやすくなります。

射法八節は全て繋がっている

弓道で左肩が抜ける原因と改善法

左肩が入らなくて悩んでいる人は、引き分けより前に必ず問題があります。

胴造りを忘れている瞬間がないか、しっかりチェック。

特に次の動作に移るタイミングを中心に、見直してみてください。

射法八節は足踏みから残心まで、全て繋がっている1つの動作です。

バラバラの「個」ではなく、繋がっている「節」であることが分かれば、もっと上手になれますよ。

ガムテープで庭の猫よけは無理!効果がない悲しい理由とは

ガムテープで猫よけは効果がない

ガムテープが猫よけになるという話をよく耳にします。でも、実際に試すと「これはダメだ」とすぐに分かりました。

4つのダメな理由についてお話します。

スポンサーリンク

ガムテープでダメな理由1:面積

ガムテープで猫よけは無理

最初にして最大の問題が、面積。

庭全体をガムテープで猫よけしようと思うと、膨大な量のガムテープが必要です。

上の写真は、ガムテープを30cm出してみた状態。

これを見ても分かるように、とてもじゃないですが庭全体に仕掛けることはできません。

ちなみに、ピンポイントで使うのはダメですよ。

前回のウッドチップで猫よけに挑戦したときのように、いつものトイレの場所が1メートルずれるだけです。

ガムテープでダメな理由2:雨と風

ガムテープで猫よけするには雨と風が障害になる

庭の猫よけにガムテープがダメな理由の2つ目は、雨と風です。

濡れると粘着力は激減。

ちょっと風が吹くだけでめくれ上がって、空白地帯もいっぱいできてしまいます。

ガムテープは雨や風の前では無力です。

そもそも猫よけは、何週間か継続しなければ効果が出ません。

天候によって大きく効果が減ってしまうガムテープは、猫よけには向いていないのです。

ガムテープでダメな理由3:砂と石

ガムテープで猫よけは無理

3つ目のダメな理由は、砂や石。

庭にガムテープを仕掛けてみると、思った以上に砂や石がくっついてしまいます。

庭にガムテープを1時間も放置すると、細かい砂がついて粘着力は半減。

これでは猫を追い払うことはできません。

以前、車のボンネットの上にガムテープを置いたときは上手くいったのですが…。

やはり、地面の上に直接設置するのは難しいようです。

ガムテープでダメな理由4:効果が薄い

猫よけにガムテープ

猫の侵入経路がはっきりしている場所なら、ガムテープをピンポイントで設置することができます。

私も侵入経路に設定してみたのですが、効果は思ったほどありませんでした。

上手くガムテープを踏ませたとしても、猫にとってはちょっと不快なだけ。

怖いわけではないので、またやって来ます。

二度と来ないようにするには、ちょっと効果が薄いようです。

「労力のわりには見返りが少ない」という、数ある猫よけの中でも悲しい結果に終わりました。

ガムテープより効果的な猫よけは?

ガムテープで猫よけは効果がない

猫を庭に入らせないためには、不快なだけでなく警戒心を呼び起こす必要があります。

やはり一番のおすすめは超音波式

近づくたびに色々な周波数の音を出すので、猫が慣れることもありません。

その次におすすめなのは、センサー式の猫よけスプレー

猫にとっては目に見えるガムテープよりも、正体不明のほうが警戒心を高めることができますよ。

干し芋の白い粉は何?糖と白カビの違いを写真で解説

干し芋の白い粉は何か

市販の干し芋を見ていると、白い粉がいっぱい付いてるものもありますよね。

干し芋の白い粉は何なのか、写真も使いながら解説します。

スポンサーリンク

干し芋の白い粉の正体

干し芋の白い粉は何か

まず結論から言いますと、干し芋の白い粉の正体は糖です。

より正確に言えば「麦芽糖」

さつまいもの表面に含まれるデンプンが分解されて麦芽糖になり、白い粉のように見えます。

麦芽糖はブドウ糖に比べて優しい甘みが特徴。

高い満腹感を得られます。

なぜ干し芋にすると浮き出てくるの?

干し芋の白い粉が浮き出る仕組み

白い粉が浮き出る仕組みについて、もう少し掘り下げてみましょう。

先ほど「デンプンが分解されて」と言いました。

さつまいもには「β-アミラーゼ」という消化酵素が含まれていて、これがデンプンを分解したのです。

ただし、生のさつまいもを放置するだけでは分解されません。

β-アミラーゼが働くためには「水分」「加熱」が必要。

適度な水分と加熱で、デンプンがベタベタな糊状に変化して初めてβ-アミラーゼは作用します。

干す前にさつまいもを蒸し焼きにするのは、この作用を利用するため。

昔の人たちは経験からこの法則を知っていたのですね。

白カビとの見分け方

干し芋の白い粉が糖か白カビか見分ける方法

スマホで「干し芋 白い粉」というキーワードを検索すると「糖」「白カビ」という言葉が目に入ります。

そもそも干し芋は保存食なので、白カビが生える可能性は低いのですが…心配ですよね。

見分け方をご紹介しておきます。

こちらが白カビの写真です。

白カビの写真

糖と白カビの違いは、大きく分けて2つあります。

  • ホコリのようにフワフワ(胞子状)
  • 盛り上がっている

白カビの場合はじっくり観察すると「粉」というより「ホコリ」に近い見た目です。

フワフワしていて、こんもり盛り上がっている部分もあります。

粉っぽくなければ白カビの可能性があると覚えておいてくださいね。

ちなみに、臭いで判別するのは難しいです。

青カビのような臭いがないので、食べても気づかない人もいますよ。

もう一つ見分け方があります。

加熱することです。

糖なら、焼くと透明のキャラメル状になるので白くなくなります。

迷ったら焼いてみましょう。

黄色・白い干し芋のどっちが美味?

黄色い干し芋と白い干し芋

干し芋といえば白い粉がいっぱいのイメージ。

でも最近は、焼く前から美味しそうな黄色(飴色)の干し芋も多いですよね。

生で食べるなら、黄色の干し芋がおすすめ。

食感が柔らかくて、噛むとじっくりと甘みが広がっていきます。

白い粉が多い干し芋は、生で食べると食感はサクサク。

口に入れた瞬間に甘みが広がるのも特徴で、こっちの方が好きという人もいます。

加熱して食べる場合は、差はほとんどありません。

違いを楽しむのも面白いので、試してみてくださいね。

玉ねぎの花言葉「不死」の由来は?古代エジプト王朝に関係があった

玉ねぎの花言葉「不死」の由来とは

玉ねぎの花言葉は「不死」。

なぜこんな言葉が選ばれたのか由来をたどってみると、古代エジプト王朝に行き着きました。

スポンサーリンク

不死の由来は古代エジプト王朝

玉ねぎの花言葉の由来は古代エジプトと関係がある

古代エジプト王朝では、玉ねぎは「不死」「永遠」を象徴する食べ物と考えられていました。

その理由は、玉ねぎが多くの皮の層を持つから。

剥いてもなかなか無くならない姿を見て、古代エジプトの人たちは不死や永遠を感じたのです。

玉ねぎの花言葉の由来

その思想はミイラ製作にも反映されています。

ミイラを作る際には腐敗を防ぐために眼球を取り除くのですが、眼球の代わりに若く小さい玉ねぎを眼窩に入れていました。

このような歴史的背景から、玉ねぎの花言葉に「不死」が選ばれたのです。

玉ねぎは神秘の食材だった

玉ねぎの花言葉・不死の由来

古代エジプトと玉ねぎの繋がりはまだまだあります。

玉ねぎは独特の香りを放つため、魔除けや幸運をもたらすものと考えられていました。

猫の女神「バステト(バスト)」に関連する祭りでは、玉ねぎを使った首飾りを用いて感謝の気持ちを捧げます。

古代エジプトの人たちは、玉ねぎに神秘性を感じていたのですね。

ピラミッド建設でも玉ねぎが活躍

玉ねぎの花言葉の由来は古代エジプトにあり

古代エジプトでの玉ねぎの神秘性に注目してきましたが、一方で身近な食材でもありました。

例えばピラミッド建設の労働者たちには、玉ねぎとにんにくが支給されていたのです。

玉ねぎは栄養豊富。

しかも常温保存できる食材なので、労働者の栄養補給には最適な食材だったのでしょう。

また、古代エジプトでは玉ねぎを薬として使っていました。

当時は心臓病や頭痛、寄生虫対策の薬として認識されており、エーベルパピルスという古文書に効能が記録されています。

今でも玉ねぎは動脈硬化予防になる食材と言われているので、あながち間違いでもないですね。

弓道警察とは?実はあなたも予備軍かも

弓道警察とは

最近、弓道が登場するアニメやゲームが増えています。

それと同時に「弓道警察」という言葉も徐々に広がりを見せ始めました。

スポンサーリンク

弓道警察とは

弓道警察とは

弓道警察とは、アニメやゲーム、映画などの創作物に対して弓道の作法や射法の違いを細かく指摘する人たちのことを表します。

もちろん架空の組織です。

  • かなりの人数がいる
  • 弓道が絡むと呼んでもないのに現れる

こういったことから、皮肉を込めて架空の組織に例えているのです。

ところが皮肉を逆手に取って、Twitterでは弓道警察のアカウントが登場。

積極的に物申す人たちも増えています。

たった一言であなたも仲間入り

弓道警察とは

私も弓道経験者ですので、アニメやゲームなどで不自然な描写があると気になります。

でも、リアルではあまり言わないほうがいいですよ。

「あの手の内はおかしい」

このような一言をポツリと言うだけでも、周囲から「うわ、弓道警察が出た!」とからかわれる・煙たがられます。

実際に私も手の内や離れについて指摘して、変な空気になったことがありました。

今では反省しています。

未経験の人たちからすると、作法や射法の表現に関して文句を言うのは「無粋」「話の腰を折る」行為。

はっきり言って空気が読めない人間扱いされてしまいます。

会話でアニメやゲームの話をするのは、純粋に面白さや感動を共有したいから。

描写の正確さについて論じたいのは弓道経験者だけなのです。

経験者同士でもNG?

弓道警察にならないために

「描写の正確さについて論じたいのは弓道経験者だけ」と言いましたが、それでもNGな場合もあります。

例えばこんな流れの場合です。

友人A:「昨日の話は面白かったなあ!」

私:「あー、でもあのキャラの射法八節は全然ダメでしょ」

友人A:「いや、そこは今どうでもいいから」

この会話の何がダメなのか分かりますか?

友人Aは面白さや感動を共有したいから、話題を出したのです。

それなのに私の返事は全く共感せずに。いきなりダメだった点を指摘しています。

これでは友人との会話が成立していません。

会話はキャッチボールなので、まず友人の話題に対して真っ直ぐ返す必要があります。

今回の場合、大事なのは「面白かった」という点だけ。

描写の正確さに話題を移すのは、共感を示してから話の流れですべきです。

こんな場面では要注意

弓道警察とは

弓道経験者は、油断すると誰でも弓道警察になってしまいます。

アニメやゲームを見ないから大丈夫?

そうでもないですよ。

例えばCM。

CMでは俳優の準備期間が短いので、弓道作法や射法八節の正確さを気にしない場合が多いです。

口割がめちゃくちゃは序の口。

過去には矢をアーチェリーのように弓の内側に番えていたCMもありました。

でもこれを見て反射的に「なんだこれ!全然違うよ!」なんて言えば、あなたも立派な弓道警察です。

弓道警察とは

CMだけではないですよ。

ドラマでも、弓道の達人という設定なのに射型はド素人ということも珍しくありません。

映画なら準備期間がたっぷりあるので、かなり正確に弓道を描写してくれるのですが…

とにかく、テレビを見て反射的にツッコミを入れるのはやめておきましょう。

弓道を経験していない人から見れば、純粋に作品を楽しめない無粋な人にしか見えません。

弓道以外でも要注意

弓道警察は誰にでも当てはまる

今回は弓道警察がテーマでしたが、同じことは他のスポーツや仕事でも起こります。

格闘技経験者がバトルアニメを見ると不自然な点も目につくでしょう。

料理人がドラマを見れば、調理するシーンは無駄な動きだらけに見えるかもしれません。

正確さに対する指摘は話の腰を折ってまでするべきことか?

私もときどき失敗してしまうので、反省します。

弓道でいつも同じように引くためにはどうすればいい?心技体で不安定要素を探そう

弓道でいつもと同じように引くために

「いつもと同じように引く」

言葉にするとシンプルですが、実際に弓道で再現するのは至難の業です。

  • 試合になると中らなくなる
  • 場所が変わると調子が落ちる
  • チャンスに弱い

いろいろなお悩みがあると思いますが、今回は不安定になる要素について整理していきます。

スポンサーリンク

心技体でポイントを整理

弓道でいつもと同じように引けない理由は複雑です。

まずは不安定になる要素を心技体で整理してみました。

プレッシャー
焦り
不安
怒り
喜び
狙いが乱れる
手の内が狂う
足踏みがずれる
筋肉の疲れ
精神的な疲れ
寝不足など慢性的な疲れ

まず注目していただきたいのは「技」の部分。

共通点を考えてみると、目・手・足などの末端部分が関係していることに気づきます。

弓道で調子が激変する理由の多くは、体幹ではなく末端。

ちょっとしたキッカケで、手や足の動きは大きな影響を受けるのです。

逆に腰や肩などの使い方は正しい動きでも間違った動きでも安定しているので、たとえ初心者でも動きが乱れることはあまりありません。

では、各項目について詳しくみていきましょう。

狙いが乱れるとは

弓道でいつもと同じように引くために

狙いの乱れは、弓道の調子に最も影響する要素です。

こんなことに心当たりはありませんか?

  • 口割に下ろせば自然と狙いが定まると思っている
  • 試合会場では直前練習の時点で調子が悪い
  • 金的・扇的を狙うと矢所が乱れる
  • 夕方や夜、早朝になると中らない

以前「弓道で試合になると中らない人【錯覚を起こして狙いがズレる?】」で話しましたが、弓道をしている人の多くは狙いが曖昧です。

特に無意識のうちに狙いを定めている人は、的の大きさや場所が変わるだけで狙いが乱れます。

いつもと同じように引くために

なぜなら「無意識」には周囲の景色も含まれているからです。

ある学校で、こんな実験を行いました。

  1. 普段と同じ環境で12射
  2. 普段つけている幕を外した状態で12射
  3. この実験を日を変えて何度も繰り返す

結果だけお伝えすると、本番に弱いタイプの学生ほど的中率に大きな影響が出ました。

幕を外したたけで的中率がガクッと下がったのです。

弓道でいつもと同じように引く

普段から的の眼に狙いを定めていない人は周囲の景色の影響を受けてしまいます。

不慣れな場所では中らなくなるのも当然です。

「当て射はダメ」という意識が強すぎて、狙いを研究するという作業を怠っていませんか?

横の狙いはもちろん、縦の狙いも含めて明確な基準を持ってください。

手の内が狂うとは

弓道でいつもと同じように引くために

手の内(角見)は精神面の影響を受けて安定感を失いやすい部分です。

特に日本の弓は離れと同時に弓を回転させないと矢が真っ直ぐ飛ばないので、少しのズレで矢所に影響します。

手の内が狂う原因は「力み」

もっと正確に言えば、いつもより力が強くても弱くても手の内はダメなのです。

ではどうすればいいのか?

精神的な影響を小さくしたいなら、普段から自分なりのチェックポイントを持つしかありません。

私の場合は必ず2つチェックしています。

  • 卵を割らずに包むイメージで手の内を作る
  • 小指を親指の付け根に近づけるイメージで締め続ける
小指を締めると力んで握るは違う

小指を締めるというのは全力で弓を握るのではないので、注意してくださいね。

小指と親指の付け根の距離を縮めて手の内を小さくするような感覚です。

もちろん物理的には動かないのですが、このイメージを持つと手の内の安定感が向上します。

手の内は無意識で作ってはいけません。

無意識で作れるのは相当な達人だけだと思ってください。

足踏みがずれるとは

弓道でいつもと同じように引くために

強い緊張状態が続くと、どういうわけか足踏みが普段より広くなる人がいます。

強く踏ん張って安心感を得たいのでしょうか。

無意識で行っているので本人は気づいていません。

足踏みの幅が普段と違っていると、胴造りに微妙な影響が出ます。

また、上下の狙いにも影響が出てしまうので、いつもと同じように狙うと矢が上下に散るかもしれません。

そもそも、普段から足踏みを練習する人が少ないのも残念なポイント。

感覚的には一定の間隔でしているつもりでも、毎回バラバラの人もたくさんいますよ。

神経質になる必要はありませんが、足踏みも射法八節の1つであることを忘れないでください。

>>弓道で才能の限界を感じている人へ!

弓道と体のコンディション

弓道と身体のコンディション

いつもと同じように引くためには、身体のコンディションも重要です。

特に試合の日は長時間緊張状態が続くので、対策が必須。

日頃から準備しておく必要があります。

以前「弓道にランニングは必要なのか?」という話をしました。

ランニングなど弓道に関係ないように思いますよね。

ところが実際は、移動疲れによるパフォーマンス低下を防ぎ、長丁場の試合での体力を維持するのに役立つのです。

弓道は精神論ばかり語られがちですが、体力も大事。

日頃からコツコツ準備している人は本番でも強いですよ。

心はどうする?

弓道と心の安定・不安定

最後は心の関係。

いつもと同じようにと思っても、緊張するときはします。

皆中できるかもと思うだけでも心が揺れるし、人の目が集まるだけでもプレッシャーです。

何が起ころうとも平静を保つというのは、一朝一夕でできるものではありません。

でも大丈夫。

日頃から準備をしておけば、少しずつ自分をコントロールできるようになります。

詳しくは「弓道とプレッシャー【3つの対策で勝負をかけろ】」をご覧ください。

自分のウイークポイントを探せ

弓道のウイークポイント

今回は心技体のうち、特に技を中心にお話しました。

ただし、今回取り上げたのはほんの一例です。

射型は人それぞれですので、不安定要素も人それぞれに個性があります。

いつもと同じように引けなかったと感じたら、必ずメモする癖をつけましょう。

  • 感じた違和感
  • 矢所

最低でもこの2つはメモできるはずです。

頭で考えるだけでは、モヤモヤするだけ。

文字にする習慣をつけることで、あなたのウィークポイントの「見える化」をしていきましょう。

ドリップバッグで作ったアイスコーヒーは美味しい?2つの方法で試してみた

ホットコーヒー用のドリップバッグでアイスコーヒーを作ってみた

私はホットコーヒーが大好きなのですが、たまにアイスコーヒーを飲みたくなります。

そこで、ふと疑問に思いました。

「ホットコーヒー用のドリップバッグでアイスコーヒーを作ったら美味しい?不味い?」

今回は2つの方法を試してみたので、感想を率直にお話します。

“ドリップバッグで作ったアイスコーヒーは美味しい?2つの方法で試してみた” の続きを読む

弓道は高齢でも始められる?不安にお答えします

弓道は高齢でも始められるか

当ブログにこんな質問が届きました。

「弓道は高齢でも始められますか?」

年齢が高いと不安ですよね。

私は一般向けの初心者教室をお手伝いした経験もありますので、実体験を交えながら弓道と年齢について解説します。

“弓道は高齢でも始められる?不安にお答えします” の続きを読む

シティーハンター新宿プライベート・アイズ小説版のネタバレ注意の感想!映画との違いを解説

シティーハンター新宿プライベート・アイズ小説版の映画との違いを解説!ネタバレ注意で感想を伝えます

シティーハンター新宿プライベート・アイズはもう見に行きましたか?

私は公開初日にすぐ見に行きました。

今回は、その公式ノベライズ(小説)版のお話。

映画を見たあとでも買うべきなのかどうか、映画との違いについて解説します。

“シティーハンター新宿プライベート・アイズ小説版のネタバレ注意の感想!映画との違いを解説” の続きを読む

ココアとダニの話【長期の常温保存は大変なことになるかも】

ココアとダニの話

カカオポリフェノールの健康効果が注目されるにつれて、ココアを飲む人が増えています。

そこで問題になるのが保存方法。

ココアを常温保存している人は、ココアの袋の中がダニだらけになる可能性もありますよ。

“ココアとダニの話【長期の常温保存は大変なことになるかも】” の続きを読む