ゴルフの服装でジャージはありか?ゴルフ場と打ちっぱなしは全然違う

ゴルフ場にジャージはありかなしか

ゴルフは何かと「暗黙のルール」が多いスポーツです。

特に最初は服装のあり・なしが分からず混乱しがちですよね。

今回はジャージについてお話します。

ゴルフで全身ジャージは良いのか悪いのか?

ゴルフ歴20年の私が、目撃談を交えながらお話します。

“ゴルフの服装でジャージはありか?ゴルフ場と打ちっぱなしは全然違う” の続きを読む

スポンサーリンク

電動アシスト自転車ASCENT miniの口コミ!乗り心地を徹底レビュー

電動アシスト自転車ASCENT miniの口コミ

ルイガノの電動アシスト自転車、ASCENT mini。

やっぱり、デザインがカッコいいですよねえ。

そんなASCENT miniの乗り心地はどうなのか?

口コミが気になる人のためにレビューしたいと思います。

見た目と乗り心地のギャップがすごい

電動アシスト自転車ASCENT miniの口コミ

ASCENT miniの第一印象は「見た目と乗り心地のギャップがすごい」でした。

見た目だけで判断すると、軽くてスポーティな乗り心地をイメージします。

でも実際は全然違いました。

安定感重視で、ゆったり走りたくなる乗り心地だったのです。

かなり低重心にこだわって設計されているのでしょう。

非常に安定します。

タイヤのバランスが良いですね。

前タイヤに20インチ、後ろタイヤに18インチを使うことで座っても重心が安定します。

電動アシスト自転車ASCENT miniのレビュー

小回りも良いし、見た目重視にみせかけて実用性重視の自転車でした。

重さは大丈夫?

電動アシスト自転車ASCENT miniの口コミ

電動アシスト自転車で気になるのが重さです。

スペック表を確認してみました。

ASCENT miniの場合、重さは24.2kgありました。

電動アシスト自転車としては軽いほうです。

ちなみに、アシスト機能なしのママチャリの平均は20kg前後あります。

ASCENT miniは、電源オフ状態で乗っても普通に乗れる程度の重さ。

万が一バッテリー切れになっても、大昔の電動アシスト自転車のような地獄にはならないでしょう。

バッテリーは長持ちする?

電動アシスト自転車ASCENT miniの口コミ

バッテリー性能も確認しておきましょう。

ASCENT miniのバッテリーは、12.3Ah。

ロングモードで最長77km走れるスペックを持っています。

バッテリー性能に関しては、他のメーカーと同等ですね。

普段使いには十分な性能です。

スピードセンサー内蔵なので、アシスト機能は滑らか。

電動アシスト自転車が初めての人でも、それほど戸惑わずに乗れると思います。

ASCENT city(アセントシティ)との違い

ASCENTシリーズには、今回紹介したmini以外にも26インチのASCENT cityという自転車もあります。

細かい違いはたくさんありますが、主要な違いはこちら。

くるピタの有無

重さ

走行距離

カラーラインナップの違い

まずは、くるピタ。

くるピタとは、駐輪時にハンドルがグラつかないよう固定する機能のことです。

ハンドルロック

ASCENT cityにはあるのですが、ASCENT miniにはありません。

次に重さです。

実は重さで比較すると、26インチのASCENT cityのほうが1.8kg軽いのです。

大きいのに軽い理由は、フレームの材質の違い。

ASCENT mini:スチール

ASCENT city:アルミ

このフレームの差が重量の逆転現象を生み出しています。

ただし、先ほど言ったようにASCENT miniは低重心・安定感重視の設計です。

乗っていて重いとか、不便だと思うことはありません。

走行距離も、26インチのASCENT cityのほうが10km長く走れます(88km)。

背が高くても乗れる?

電動アシスト自転車ASCENT miniの口コミ

ASCENT miniは20インチの小さめ自転車です。

スペック表を見ると、適応身長は135cm以上となっています。

上限については記載がないので、背が高い人の中には乗れるか心配な人もいるでしょう。

ちなみに私は身長が174cmありますが、ゆったりと乗ることができました。

身長が190cm以上あるなら窮屈かもしれませんが、180cm台なら普通に乗れそうです。

これなら一家に一台置いといて、家族で共有することができますね。

オシャレ重視に見えるのに実用性重視

いかがでしょうか。

ASCENT miniの最大の魅力は、安定感です。

見た目はスタイリッシュに、乗り心地はゆったりと。

デザインとのギャップが良いですね。

スポンサーリンク

弓道部の練習時間が短すぎて物足りない人へ!私がやった6つの自主練習を公開

弓道の練習時間が短すぎる

昨日、当ブログにこんなコメントが届きました。

「部活の練習時間がとても短く感じてしまいます。」

弓道に真剣に取り組んでいると、部活の練習時間では物足りないですよね。

部員が多いと、平日に練習できるのは20射ぐらいということもあります。

土日でも3時間程度の学校は多いです。

足りない練習量は、自習練習で補えます。

今日は私が過去にやっていた練習方法を6つご紹介しますので、参考にしてください。

“弓道部の練習時間が短すぎて物足りない人へ!私がやった6つの自主練習を公開” の続きを読む

スポンサーリンク

洗濯機の穴に紐が引っかかって抜けない!意外と単純な解決策とは

洗濯機の穴に紐が引っかかって抜けない

先日パーカーを洗濯していたら、洗濯機から異音が…

脱水が終わって取り出してみると、パーカーの紐が穴にすっぽりハマって抜けません。

洗濯槽の穴にパーカーの紐がからまって抜けない

このパーカーの紐は先端部分が金属で固めてありました。

金属部分が穴に吸い込まれて、引っかかってしまったのです。

どうやったら抜ける?

解決策は?

お困りの人のための解決策をお話しします。

“洗濯機の穴に紐が引っかかって抜けない!意外と単純な解決策とは” の続きを読む

弓道と捻挫の関係【どうしても試合に出たい場合の対応とは】

弓道と捻挫

今日は弓道と捻挫の関係について話をしたいと思います。

といっても、弓道の稽古中に捻挫をする人はあまりいません。

日常生活や他のスポーツで捻挫してしまった後の話です。

弓道家にとって、捻挫は意外と厄介です。

今まさに捻挫してしまった人はもちろん、怪我をしていない人も他人事ではないですよ。

“弓道と捻挫の関係【どうしても試合に出たい場合の対応とは】” の続きを読む

ASCENT city(アセントシティ)をレビュー!センスが良い電動アシスト自転車はこれだ

ASCENT city(アセントシティ)をレビュー

ルイガノの電動アシスト自転車、ASCENT city(アセントシティ)。

デザインのセンスが良いですよねえ。

そんなASCENT cityの乗り心地はどうなのか?

口コミが気になる人のためにレビューしたいと思います。

重さは大丈夫?

ASCENT city(アセントシティ)をレビュー

まず電動アシスト自転車で気になるのが重さです。

スペック表を確認してみました。

ASCENT city(アセントシティ)の場合、重さは22.4kgと表記されています。

これ、電動アシスト自転車としてはかなり軽い!

アシスト機能なしのママチャリの平均が20kgなので、ほぼ同じぐらいです。

万が一バッテリー切れになっても、普通のママチャリ感覚で乗れるでしょう。

なぜこんなに軽いのか?

一瞬不思議に思ったのですが、アルミフレームを使っていると聞いて納得。

ルイガノはスポーツ自転車をたくさん作っているメーカーなので、軽量化はお手の物なのかもしれませんね。

乗り心地はどう?

ASCENT city(アセントシティ)をレビュー

次は乗り心地に注目したいと思います。

日本製電動ユニットを使っているだけあって、全体的に滑らかな走り心地です。

変に急加速したりしないので、安心して乗れます。

車体が軽いのも乗り心地に影響していますね。

小回りがきくし、軽快感があります。

ASCENT city(アセントシティ)をレビュー

サドルはスポーツ用に近い形状ですが、固すぎず柔らかすぎず。

感動するほどではありませんが、しっくりきます。

ハンドルの感触もなかなか良好。

ASCENT city(アセントシティ)の口コミ

ほぼフラットなハンドルですが、微妙にカーブしています。

この角度調整に設計者のこだわりを感じますねえ。

電動アシスト自転車が初めての人でも、違和感が少なそうです。

気軽に毎日乗るには良い自転車ですね。

バッテリーは長持ちする?

ASCENT city(アセントシティ)をレビュー

バッテリー性能も確認しておきましょう。

ASCENT city(アセントシティ)のバッテリーは、12.3Ah。

フル充電まで約3.5時間かかります。

スペック表を見ると、ECOモード使用時の走行距離は88kmでした。

バッテリー性能に関しては、他のメーカーと同等ですね。

普段使いには十分な性能です。

最近の電動アシスト自転車はどのメーカーも優秀です。

バッテリーの性能差を気にするよりも、その他の機能で比べたほうが良いのかもしれません。

背が低くても乗れる?

ASCENT city(アセントシティ)をレビュー

ASCENT city(アセントシティ)は26インチの自転車です。

スペック表を見ると、適応身長は137cm以上。

背が低くても乗れますね。

上限については記載がありませんが、普通のママチャリに乗れる人なら大丈夫です。

ちなみに私は身長が174cmありますが、ゆったりと乗ることができました。

親子や夫婦で共有しても良さそうです。

LGS-EA26-Iとの違い

LGS-EA26-I

ルイガノの電動アシスト自転車には、LGS-EA26-Iという非常によく似た自転車もあります。

何が違うのか、比べてみました。

細かい違いはたくさんありますが、主要な違いはこちら。

バッテリー容量

重さ

色の選択肢

LGS-EA26-Iのバッテリー容量は約13.2Ah。

ASCENT city(アセントシティ)よりも少し大きいです。

走行可能距離もLGS-EA26-Iのほうが長め。

ロングモードで約96kmになっています。

ただし、充電時間も長くなります。

フル充電まで約4.5時間なので、ASCENT city(アセントシティ)よりも1時間長くかかります。

重さもLGS-EA26-Iのほうが上です。

車体重量は24.6kgで、ASCENT city(アセントシティ)よりも2kgぐらい重いですね。

大きな差があるのは、色の選択肢。

ASCENT city(アセントシティ)はオレンジやブルーなど、色鮮やかなカラーも多いです。

ASCENT city(アセントシティ)をレビュー

一方のLGS-EA26-Iは、白・黒・ネイビーの3色だけ。

全体的に見ると、LGS-EA26-Iはシンプルさと機能性重視。

ASCENT city(アセントシティ)はカジュアルさを重視しているように感じます。

見た目の良さって大事

いかがでしょうか。

色々と言いましたが、ASCENT city(アセントシティ)の最大の魅力はデザインです。

実物は写真以上に綺麗な色なので、見ていると嬉しくなってきます。

やっぱり見た目は大事ですね。

部屋にほこりが舞うのを解消したい人へ!原因を1つずつ潰そう

部屋にほこりが舞うのを予防したい

掃除してるのに、ほこりが部屋に舞って困っていませんか?

実はそれ、解消できます。

以前は私も同じように悩んでいましたが、1つずつ原因を除去したことで改善することができたのです。

1つ1つは小さな取り組みです。

でも積み重ねると、大きな効果を発揮しますよ。

“部屋にほこりが舞うのを解消したい人へ!原因を1つずつ潰そう” の続きを読む

ドリップバッグコーヒーは浸かるタイプ・浸からないのではどっちが美味しい?

ドリップバッグコーヒーは浸かるタイプ・浸からないのではどっちが美味しい

私は毎日ドリップバッグのコーヒーを飲んでいます。

そこでふと気づきました。

ドリップバッグコーヒーって、淹れたらフィルターがコーヒーに浸かるタイプと浸からないタイプの2種類がありますよね。

これってどっちが美味しいのか?

気になったので調べてみました。

“ドリップバッグコーヒーは浸かるタイプ・浸からないのではどっちが美味しい?” の続きを読む