寒くなって弓道が下手になってきた人へ!左引きでマンネリ化を打破しよう

寒くなって弓道が下手になってきた人へ

先日「冬休み・正月休みの間に何をするべき?」という話で、寒い時期に弓道の調子を崩す人が多いと言いました。

ところが1月終盤に入り、やはり調子が悪化している方が大勢います。

そこで今回は、そんな状況を打破する方法を紹介。

ただ闇雲に練習するだけでマンネリ化している方にも役立ちますよ。

“寒くなって弓道が下手になってきた人へ!左引きでマンネリ化を打破しよう” の続きを読む

電動自転車PAS Fiona(パスフィオナ)をレビュー!実力や特徴は?

電動自転車PAS Fiona(パスフィオナ)をレビュー!その実力や特徴は?

PAS Fiona(パスフィオナ)という電動自転車。おしゃれなデザイン自転車ですねえ、通学が楽しくなりそうです。

今回は、PAS Fiona(パスフィオナ)の特徴について詳しくお話します。

スポンサーリンク

バッテリー性能はYAMAHAのPAS Withと同等

電動自転車PAS Fiona(パスフィオナ)をレビュー

まずはバッテリー性能について確認します。

バッテリー容量 12.3Ah
充電時間 約3.5時間
最大走行可能距離 約76km

この数字は、YAMAHAの「PAS With」と同じ値です。このぐらいの価格帯としては標準的な数字だと言えます。

他のメーカーと比べると、Panasonicの「ビビ・LU」やBRIDGESTONEの「リアルストリームミニ」などがライバルになりそうです。

重さはどう?

電動自転車PAS Fiona(パスフィオナ)をレビュー

自転車の重さも気になるところ。同じ程度のバッテリー性能を持つ他の電動自転車と比較してみました。

PAS Fiona(26型) 27.8kg
PAS With(26型) 26.2kg
ビビ・LU(26型) 22.8kg
リアルストリームミニ(20型) 21.6kg

同じ26インチで重さだけにこだわるならビビ・LUのほうが軽いです。

ただし、常にアシストをオンにするなら重さはあまり気にする必要はないでしょう。

PAS Fiona(パスフィオナ)の長所はデザインと滑らかで自然な走り心地です。

通学用自転車として考えるなら、軽さよりも見た目や乗り心地のほうが優先度が高くなります。

時計付きの液晶ディスプレイ

電動自転車PAS Fiona(パスフィオナ)をレビュー

次の注目ポイントは、液晶ディスプレイです。

PAS Fiona(パスフィオナ)で便利なのは、時刻を表示できるところです。

通学中にいつでも時間を確認できるから、スマホを見なくても焦らず安心して乗ることができます。

アシストの切り替えもシンプル。説明書を読まなくても直感的に操作できるので戸惑うことはないでしょう。

前カゴはA4サイズのバッグが入る

電動自転車PAS Fiona(パスフィオナ)をレビュー

通学用の自転車ということを考えると、荷物をどれだけ運べるかも大事な要素です。

PAS Fiona(パスフィオナ)の前カゴはかなり大きめ。

横幅は44cmもありますし、縦は29cm。A4サイズのバッグも余裕で入ります。

後ろキャリアとドレスガード

電動自転車PAS Fiona(パスフィオナ)をレビュー

荷物を載せられるのは前カゴだけではありません。後ろキャリアも大事です。

後ろキャリアの耐荷重は27kg。

頑丈ですので部活の荷物を運んだり文化祭などで買い出ししたりするときにも活躍します。

キャリアの下には、しっかりしたドレスガードも装備。スカートやワイドパンツの巻き込みをしっかり防ぐことが可能です。

滑りにくいペダルが嬉しい

電動自転車PAS Fiona(パスフィオナ)をレビュー

次はペダルに注目してみましょう。地味なパーツですが、実は自転車の質の差が大きく表れる部分。乗り心地にも直結します。

PAS Fiona(パスフィオナ)のペダルは、滑りにくいノンスリップペダルです。

学校指定の革靴など、滑りやすい靴でもしっかり踏み込めます。多少の雨でも滑りにくいので、とても快適。

PAS Fiona(パスフィオナ)と安物の自転車を乗り比べると、ペダルの質の差は歴然です。

壊れにくい内装3段変速

電動自転車PAS Fiona(パスフィオナ)をレビュー

PAS Fiona(パスフィオナ)の変速機は内装式です。

これは停車した状態でもギアチェンジができる変速機で、故障が少ないという特徴があります。

ちなみに、3段変速です。アシストもあるので、街なかで普通に走るだけなら十分です。

ライトのデザインがかわいい

電動自転車PAS Fiona(パスフィオナ)をレビュー

PAS Fiona(パスフィオナ)はフレームの形やカラーリングがかわいいですが、ライトもおしゃれポイント。

前カゴの真下に設置された砲弾型ライト。キラキラ輝いています。ライトのポジションは前カゴの真下が一番おしゃれな気がします。

初めてでも怖くないスムーズな走り

PAS Fiona(パスフィオナ)はYAMAHAならではのスムーズな乗り心地が一番の長所。

電動アシスト自転車に初めて乗る人でもイメージ通りに走り出せるので怖くありません。

>>詳細はこちらから

電動自転車ショプカハイブリッドの口コミ!レビューが気になる人へ

電動自転車ショプカハイブリッドの口コミ!レビューが気になる人へ

ショプカハイブリッドという電動自転車。シンプルなデザインで、何より安いので気になる人が多いのではないでしょうか。

今回は、ショプカハイブリッドについて詳しく解説します。

ショプカハイブリッドは座り心地がいい

ショプカハイブリッドの座り心地がいいサドル

電動自転車で一番大切なポイントは何か?もちろんバッテリーや駆動ユニットの性能も大事ですが、私は乗り心地が一番大事だと思っています。

そして自転車の乗り心地を大きく左右するのがサドルです。

ショプカハイブリッドのサドルは、後ろ側が少し高くなったヒップアップサドル。お尻を後ろから支えてくれるような形なので、自転車を漕ぐときとても楽です。

サドル自体のサイズも大きめで、ゆったりとした乗り心地を楽しめます。

バッテリー容量はYAMAHAのPAS ナチュラM以上

ショプカハイブリッドのバッテリー性能

今度は電動自転車の性能に注目してみましょう。

電動自転車の心臓部である、駆動ユニットやバッテリーはYAMAHA製を採用。「トリプルセンサーシステム」「S.P.E.C3」の働きで、ちょうどいいアシストをしてくれる賢い自転車です。

駆動ユニットやシステムが優秀なら、あとはバッテリー容量の問題です。YAMAHAのベーシックな電動自転車「PAS ナチュラM」と比較してみましょう。

ショプカハイブリッド PAS ナチュラM
バッテリー容量8.7Ah6.2Ah
充電時間約2.5時間約2時間
最大走行可能距離約45km約36km

バッテリー容量はショプカハイブリッドのほうが大きいですね。

他のメーカーにも目を向けてみると、Panasonicのビビ・SXがライバルになるでしょうか。ビビ・SXはバッテリー容量8.0Ah、最大走行可能距離は約50kmです。

marukinってどんなブランド?

marukin(マルキン自転車)とはどんなブランドか

ショプカハイブリッドのブランドは「marukin(マルキン自転車)」。あまり知らないという方のために、簡単にご紹介します。

marukin(マルキン自転車)は、ホダカ株式会社が展開する日本のオリジナルブランド。1932年から続く老舗です。

そんなmarukin(マルキン自転車)ですが、自転車は世界ナンバーワンの自転車メーカー「ジャイアント(GIANT)」グループの工場で生産しています。

ジャイアントと言えば、ロードバイクなどが有名。品質管理の厳しさも世界トップクラスなので、品質が良いのは当たり前ですね。

重さはどう?

電動自転車ショプカハイブリッドの重さ

電動自転車では重さも大事です。駆動ユニットが優秀でも、重ければ使いにくい場面がありますから確認しておきましょう。

ショプカハイブリッドの重さは25kg。平均より少し軽めです。

もし走行中にバッテリーが切れても、昔の電動自転車のように重すぎて乗れないなんてことはないので安心してください。

ちなみに、1993年に発売された初代の「YAMAHAパス」は31kgもありました。電動自転車は進化していますね。

残りのアシスト走行可能距離が分かる

電動自転車ショプカハイブリッドの画面表示

電動自転車に乗っていて気になるのが、バッテリーの残量です。

ショプカハイブリッドの場合、走行可能距離を「残り-km」という形で教えてくれます。

表示は「残量-%」という形に切り替えることも可能。時速を表示することもできます。

壊れにくい内装3段変速

電動自転車ショプカハイブリッドの内装3段変速

ショプカハイブリッドの変速は、内装3段変速です。

内装式というのがポイント。このタイプの変速機は止まった状態でギアチェンジしてもチェーン外れが起こりません。

メンテナンスもほとんど必要なし。長寿命でトラブルが起こりにくい安定性が長所です。

錆びにくいアルミ製ハンドルが嬉しい

電動自転車ショプカハイブリッドのアルミ製ハンドル

自転車の宿命といえば、錆との戦いです。安い自転車はすぐ錆びて見た目が悪くなりますよね。

ショプカハイブリッドの場合、ハンドルもフレームも錆びにくいアルミ製。外に出しっぱなしでも茶色のまだら模様になりません。

電動自転車は最低でも5年は乗りたいので、見た目の美しさをキープできるのは大きなメリットです。

前カゴは24Lでかなり大きい

電動自転車ショプカハイブリッドの前カゴ

ショプカハイブリッドの前カゴは、24リットルでかなり大きめです。しっかりした樹脂製だから錆びないし、変形しにくいのもポイント。

平均的なママチャリより一回りは大きく感じます。買い物するときは便利ですね。

耐久性はなかなか見事

電動自転車ショプカハイブリッドの口コミ!レビューが気になる人へ

最後は耐久性をチェックしていきましょう。

まず最初に確認すべき点は新安全基準BAAマークを取得しているかどうか。この安全基準はかなり厳しい基準なので、このマークがあればひとまず安心です。

もちろんショプカハイブリッドもBAAマークありです。

ただし他の主要メーカーの電動自転車もほぼクリアしているので、これだけでは選ぶポイントにはなりません。

ショプカハイブリッドの注目ポイントはタイヤです。外側は耐摩耗性の素材、内側には肉厚チューブを採用しています。

電動自転車ショプカハイブリッドの耐久性

外側はすり減りにくく、内側は肉厚チューブでパンクに強い。長く乗りたい人には嬉しいタイヤです。

確かに他のメーカーの電動自転車も優秀なタイヤを使っています。でもショプカハイブリッドは低価格なのに高耐久という点が長所。

コスパ重視の人におすすめの電動自転車です。

>>詳細はこちらから

1月2月の弓道は早気に注意!その理由と初期症状の見極め方とは

1月2月の弓道は早気に注意

1月・2月は早気になったり、重症化したりするリスクが一番高い時期です。

今は軽度な早気でも油断は禁物。

対応が遅れれば一気に「鼻割発射」の仲間入りです。

その理由と対策について紹介します。

“1月2月の弓道は早気に注意!その理由と初期症状の見極め方とは” の続きを読む

ピュアココアとミルクココアの違いは?ブラックココアも含めて解説

ピュアココアとミルクココアの違い

ピュアココアとミルクココア。単に砂糖を使っている・いないという問題だけではなく、他にも色々な相違点があります。

そこで今回は、ピュアココアとミルクココアの差を確認。 知ってるようで知らない違いについて解説します。

“ピュアココアとミルクココアの違いは?ブラックココアも含めて解説” の続きを読む

平成グッズのおすすめ16選!ロフト以外でも買えるもの特集

平成グッズのおすすめ16選

平成の終わりがいよいよ近づいてきました。

そこで気になるのが、平成グッズ。今回はロフトが身近にない地域の人のために通販で買えるおすすめの平成グッズをご紹介します。

文房具類

アリガトウヘイセイ クリアファイル3枚セット

アリガトウヘイセイ クリアファイル3枚セット

平成グッズの中でも特に人気が高い「アリガトウヘイセイ」のクリアファイル3枚セットです。

1つ目のクリアファイルは、1989年1月7日当時の小渕恵三官房長官が元号を発表するために使用した色紙をモチーフにしたもの。

2つ目のクリアファイルはかわいいパンダのデザイン。パソコンやシングルCD、携帯電話など平成を象徴する物が描かれています。

3つ目のクリアファイルは、平成のファッションや流行などを中心としたデザイン。ルーズソックスやナタデココ、韓流ブームなどが描かれています。

【クリアファイルの購入はこちら】

さよなら「平成」 ステーショナリーBOOK

さよなら「平成」 ステーショナリーBOOK

国立公文書館所蔵「平成の書」をモチーフにしたクリアファイル、マルチポーチ、ノート、ふせんの4点セット。

クリアファイルはA5サイズ。マルチポーチは縦16.5×横12cmで大きめの筆箱として使用するか、小物入れとして便利な大きさです。

ノートはA6サイズで全50ページ。6mm幅の罫線でページの端部分に「平成」の文字がデザインされています。

ふせんは手のひらサイズで21枚。

【詳細はこちらから】

アリガトウヘイセイ メモブック

アリガトウヘイセイ メモブック

「アリガトウヘイセイ」シリーズのメモブック。50ページでサイズは縦14.8x横10.5cmです。

表紙は平成を象徴する流行や製品の絵で賑やかなデザイン。中は右下に平成の文字を掲げたパンダが描かれています。

【詳細はこちらから】

アリガトウヘイセイ/ふせんセット

アリガトウヘイセイ ふせんセット

「アリガトウヘイセイ」シリーズのふせんセット。5つの絵柄を楽しむことができます。

【詳細はこちらから】

アリガトウヘイセイ /シール

アリガトウヘイセイ /シール

「アリガトウヘイセイ」シリーズのシール。平成を象徴するファッションやスイーツ、ライフスタイルがかわいらしくデザインされています。

【詳細はこちらから】

パズル・書籍

平成 ジグソーパズル

国立公文書館に所蔵されている「平成」の文字を300ピースのジグソーパズルにした商品。パッケージ裏面には平成の出来事年表がまとめられており、平成の話題で盛り上がりたい人におすすめです。

【詳細はこちらから】

知ってるのに思い出せない 平成まとめクイズ

知ってるのに思い出せない 平成まとめクイズ

平成をテーマとしたクイズ本。写真をもとに人物を当てる問題や流行したモノの名前の穴あけ問題などが収録されています。

政治、スポーツ、映画、ファッション、建築物など幅広い分野の問題がバランスよく含まれており、レクリエーションに最適な一冊です。

【詳細はこちらから】

思いだしトレーニング 平成のできごと

思いだしトレーニング 平成のできごと

平成30年を振り返るクイズ形式の脳トレ本。全555問の大ボリュームです。

平成を象徴する事件やニュース、政治経済、流行、スポーツなどを網羅しており、脳トレだけでなく余興として使用することもできます。

【詳細はこちらから】

ファッション

アリガトウヘイセイ/Tシャツ

アリガトウヘイセイ/Tシャツ

「アリガトウヘイセイ」シリーズのTシャツ。サイズはS、Mの2種類で、綿100%。平成を象徴する流行などがコミカルにデザインされています。

【詳細はこちらから】

ヲワタTシャツ 平成終了 Tシャツ

ヲワタTシャツ 平成終了 Tシャツ

平成最後を記念したTシャツ。ウケ狙いの要素が強いですが、着ていけば確実に話題になること間違いなし。インパクト勝負の人におすすめ。

【詳細はこちらから】

平成 HEISEI 1989-2019 おもしろフードパーカー

平成 HEISEI 1989-2019 おもしろフードパーカー

大きく平成の文字がプリントされたフードパーカー。サイズはM、Lの2サイズで綿50%、ポリエステル50%です。シンプルながらインパクトのあるデザインが特徴。

【詳細はこちらから】

アリガトウヘイセイ/ランチトートバッグ

アリガトウヘイセイ/ランチトートバッグ

「アリガトウヘイセイ」シリーズのランチトートバッグ。綿100%でサイズは19.8 cm x 29.3 cm。平成を象徴する生活スタイルがひと目で分かるデザインです。

【詳細はこちらから】

食べ物・飲み物

アリガトウヘイセイ/ラムネ

アリガトウヘイセイ/ラムネ

「アリガトウヘイセイ」シリーズのラムネ菓子。ポケベルや携帯電話など、平成を象徴するイラスト入りのラムネが8個入っています。

【詳細はこちらから】

おこめでできたひと型スナック 「平成のひと」カレー味

おこめでできたひと型スナック 「平成のひと」カレー味

平成に活躍した人をイメージしてお米のスナック菓子。軽い口当たりでサクサク食べることができます。

【詳細はこちらから】

生活雑貨

アリガトウヘイセイ/マグカップ

アリガトウヘイセイ/マグカップ

「アリガトウヘイセイ」シリーズのマグカップ。材質は陶器で、直径8cm×高さ9.3 cmです。平成を象徴する流行や商品がかわいらしくデザインされています。

【詳細はこちらから】

アリガトウヘイセイハンドタオル/ケータイ/ルーズソックス

アリガトウヘイセイ ハンドタオル

「アリガトウヘイセイ」シリーズのハンドタオル。綿100%でサイズは20 cm x 20 cm。中央のパンダは平成の象徴ガラケーやルーズソックスを持っています。

【詳細はこちらから】

平成グッズはまだまだ増える

今回は通販で買える平成グッズを集めました。

平成最後の4月末が近づくにつれて記念グッズも増加することが予想されます。これからも新しい情報を追加していきますのでお楽しみに。

ココアの飲み過ぎは太る?一日何杯までがいいのか検証した結果

ココアの飲み過ぎは太るか

優しい風味で愛されているココアには、香りや味だけでなく美容や健康効果でも多くのメリットがあり注目を集めています。

しかし、ココアも飲み過ぎると体によくありません。

ココアの飲み過ぎるによるデメリットや、一日何杯まで飲んでいいのかご紹介します。

“ココアの飲み過ぎは太る?一日何杯までがいいのか検証した結果” の続きを読む

弓道用の単眼鏡・双眼鏡スコープおすすめ5選。近的・遠的で矢所がよく見える

弓道用の単眼鏡・双眼鏡でおすすめを紹介

当ブログにこんな質問が届きました。

「矢所をはっきり確認したいので、スコープを探しています。おすすめを教えてください。」

単眼鏡や双眼鏡があれば、私のように目が悪くても矢所の確認ができて楽しいです。今回はご要望に合わせて、弓道用でおすすめを紹介します。

“弓道用の単眼鏡・双眼鏡スコープおすすめ5選。近的・遠的で矢所がよく見える” の続きを読む