ココナッツオイルで顔ダニ対策はできるか【ニキビ・肌荒れ予防】

スポンサーリンク

繰り返し大きなニキビができると、

顔ダニ対策が気になりますよねえ。

最近人気のココナッツオイルは顔ダニ対策になるんでしょうか?

ココナッツオイルで顔ダニが増えないか

私がまず気になったのが、

ココナッツオイルで顔ダニが増えないのかどうか。

結論から言うと、

顔ダニは増えません!

顔ダニは皮脂を好んで食べます。

「油が好きなんだったら、ココナッツオイルも好きなんじゃないの?」

って思いますよね。

皮脂の主成分はグリセリン脂肪酸エステル。

ココナッツオイルの主成分は中鎖脂肪酸とラウリン酸です。

同じ油でも成分が違います。

ココで注目なのがラウリン酸

ラウリン酸には強い抗菌作用があるんですが、

顔ダニにとっても苦手な成分です。

つまり、ココナッツオイルで顔ダニが異常繁殖するようなことはないんですって。

ココナッツオイルで顔ダニの肌荒れが治るのか

顔ダニが増えないなら、

ココナッツオイルで顔ダニ対策できそうですよね♪

ところが…よくよく調べてみるとそうとも言えないことが分かりました。

ココナッツオイルを肌に塗るのは、

肌が健康なときに肌荒れを「予防する」ときには効果的なんですが、

すでに荒れている肌・ニキビに塗るのは

症状を悪化させる可能性があるんです^^;

ココナッツオイルの主成分の一つ、ラウリン酸。

母乳にも多く含まれている成分なので体に優しいイメージがあるんですが、

抗菌作用はかなり強いです。

ニキビなどに直接塗るのは肌に負担をかけてしまい、

逆効果になる可能性が高いんです。

ニキビがたくさんできている状態では、

塗るのではなく食べるほうが効果的です。

飲む

ラウリン酸は体の免疫力を高めてくれるので、

食べることで肌の抵抗力も上がります。

肌荒れがひどい間は食べるだけにして、

塗るのはお肌の調子がいいときだけにするのが賢い使い方です。

ニキビや肌荒れがひどい状態のときは、

ココナッツオイルよりも角質ケア・保湿ができる

肌荒れ専用のケア用品を使ったほうが良さそうです。

 
>>顔ダニが異常増殖するとこんな顔になります

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA