上京したけど仕事が見つからない人へ【私の従兄弟の体験談から分かったこと】

先日、当ブログで「従兄弟が貯金30万円で上京した話」をしました。

すると、予想以上に反響があったようです。

このような質問が届きました。

「出稼ぎのために上京して1週間経ちました(女です)。

所持金が少なくなっています。

事情があって地元にも戻れません。」

このような人は多いと思います。

今回改めて、従兄弟の体験談をもとに上京のアドバイスをさせていただきます。

住宅手当てありの求人は競争率が高い

競争率

少ない所持金で上京してきた人が考えることは何か、知っていますか?

「できれば住宅手当てありの仕事がいいなあ」

貯金は少ない。

でも、東京で生活していきたい。

そのためには給料プラスαが欲しくなる。

みんな同じことを考えるんですよ。

お金が安くなる

私の従兄弟も最初はそうでした。

そこで求人情報を色々調べてみたのですが、あることに気づいたのです。

「住宅補助付きの仕事は、競争率が異常に高い」

家賃補助とか社宅・寮ありの求人情報を応募しても、なかなかうまくいきません。

面接すら受けることができないことがありました。

それもそのはず。

競争率が全然違うからです。

私の知り合いの会社経営者の話によると、こんなに違うそうです。

「住宅手当てなしの求人を出すと、倍率は5倍ぐらいだった。

住宅手当てをつけただけで、倍率が15倍になった」

このような事例があるぐらい、競争率が違います。

今まで住宅手当て・家賃補助ありの求人ばかり応募して結果が出ていない人は、作戦を変更する必要があると思います。

すぐ就職するにはサポートが必須の時代に

ゴール

上京してきて仕事を探す人の多くが、次のような方法をとっているのではないでしょうか。

①求人サイトに登録

②気になる求人情報に応募

③不採用

求人サイトやフリーペーパーの情報に応募して、面接を受ける。

普通ですよね。

でも、このやり方では上手くいかない人がいます。

定住先が見つかっていない人や、学歴が低い人たちです。

最近の企業はリスクを怖がります。

あなたのプロフィールを見て、採用担当者はこう思っているかもしれません。

「しっかり働いてくれるだろうか?すぐ辞めそうで不安だなあ」

面接

こんな風に思われたらショックかもしれません。

でも、事実です。

しばらく就職活動をしてみて仕事が見つからない・決まらない人は作戦を変える必要があります。

でも、大丈夫。

そんなあなたを今すぐサポートしてくれるサービスがあるんです。

その方法こそ、従兄弟が利用したサポートです。

従兄弟が初期費用ほぼゼロできた理由とは

レインボーブリッジ

従兄弟が上京する際に利用したのが「Tokyo Dive」

少ない所持金で上京する人を対象に、住まいと就職先を同時に探してくれるサービスです。

すでに家を借りている人には、仕事だけ紹介してもらうこともできます。

従兄弟の場合は上京する直前に登録して、住まいと就職先決定をほぼ同時にすることができました。

おかげで、初期費用はほぼゼロ。

少ない貯金の大部分を、当面の生活費のために確保することができたのです。

「仕事が見つからない」

「所持金が減ってきた」

焦りを感じている人には、助かるサービスだと思いますよ。

詳細については「貯金30万円で上京できるか?従兄弟の初期費用節約術がすごかった」をご覧ください。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA