地元が嫌いで出たい人へ!上京支援サービスで転職は簡単だ

あなたは「地元が嫌いだから出たいけど、出られない」という状態ではありませんか?

貯金が少ない

仕事を見つける自信がない

出たくても出られない理由は色々ありますが、上の2つが理由ならすぐ解決できますよ。

今、東京は働き手が足りていません。

そのため地方の人に上京してもらうための「上京支援サービス」が充実してきているのです。

上京支援サービスとは

上京支援サービスで就職

「TokyoDive(トーキョーダイブ)」を例として説明いたします。

上京支援サービスとは、仕事探しと部屋探しを手伝ってくれるサービスのこと。

TokyoDiveのように人材派遣会社が行なっている場合が多いです。

ほぼお任せ状態で、就活や部屋探しの面倒な事を代行してくれる…というイメージですね。

大まかな流れはこうです。

①登録する

②担当コーディネーターから連絡が来る

③あなたの希望を伝える

④希望に合う求人情報を手配してくれる

⑤就職先決定

⑥住まいに近い部屋も手配してくれる

⑦引越し&仕事開始

支援サービスなら、就職活動がすごく簡単になります。

何社も無駄な面接を受ける必要がなくなるし、上京する前に就職先を確保することが可能です。

部屋探しも楽ですよ。

通勤しやすい部屋を手配してくれるから、ほとんどお任せ状態です。

しかも引越し関係の初期費用が限りなくゼロに近くなるというオマケ付き。

(詳細は後ほど説明)

登録してもすぐ引っ越す必要なし。

場合によっては1年後とか2年後のために利用する人もいるそうです。

仕事を確保するから貯金は少しで良い

TokyoDiveなどの支援サービスの長所は、何と言っても就職先を確保した状態で上京できること。

収入源があれば、お金は給料日までの生活費だけ考えればOK。

かなり楽に新生活をスタートできます。

何もかも自分だけで上京しようと思うと、就職活動するだけでも交通費や宿泊費がかかります。

就職活動だけで10万円以上飛ぶこともあるのです。

苦労してお金だけ浪費する…

これではなかなか地元から出られません。

もし仕事を決める前に上京すれば、貯金を浪費するだけの生活に突入です。

何ヶ月も持つでしょうか。

さらに言うと、お金が必要なのは就職活動だけではないですよね。

引っ越し関係の初期費用も必要です。

でも大丈夫。

支援サービスを使えば小さくできますよ。

上京費用を限りなくゼロに近づける

TokyoDiveを使えば、引っ越しに必要な初期費用を限りなくゼロにできます。

というのも、TokyoDiveが紹介しれくれる物件は「敷金」「礼金」「仲介手数料」などの初期費用が無料のものばかり。

しかも家具・家電付き。

普通なら必要なお金がかからないので、大幅な節約が可能です。

自力で引っ越そうと思うと、敷金や礼金だけでも10万円~30万円必要です。

家具代や生活費も考えると60万円ぐらいかかるでしょうか。

大金ですよね。

初期費用の負担が小さくなれば、上京するのは簡単。

身軽に上京できるのは支援サービスの大きな強みです。

隠れた良い求人との出会い

職歴なしで上京して就職

今、東京は人手不足。

地元から出たい人にとっては、有利な条件で就職できる可能性が高まっています。

TokyoDiveなどの支援サービスを利用すると、求人情報はたくさんあります。

田舎にはない仕事もいっぱいありますよ。

自分だけでは見つけられないような、掘り出し物の求人情報に出会うチャンスが多いです。

コーディネーターの説明を聞いてるだけで、ワクワクしてくるような仕事も見つかるでしょう。

行動しないと自己嫌悪が強まる

地元が嫌い。

どこか別のところで生活したい。

この気持ちは、放置するとどんどん大きくなります。

決して小さくなりません。

行動を先延ばしにすればするほど「このままで良いのかな…」という不安が増していくのです。

私の知り合いにも、ズルズルと地元に残って後悔している人が何人もいます。

行動しない自分に自己嫌悪になっていく人も多いです。

地元から出るためのハードルは、意外と小さい。

大事なのは一歩踏み出すこと。

これをきっかけに、考えてみませんか。

後悔しないために

いかがでしょうか。

地元から出たいという気持ちは、放置しても無くなりません。

行動しなかった後悔は、一生モノです。

10年後に「あのとき行動してれば…」なんて言うのは悲しすぎます。

支援サービスへの登録は、大きな一歩。

きっと新しい生活につながりますよ。

【TokyoDiveの詳細はこちらから】

スポンサーリンク