体にフィットする服が着れない人へ【自宅やスキマ時間でくびれを作る】

体にフィットする服を着こなして

颯爽と街を歩いてみたい…

ぽっこりお腹の人は、

体型が強調される服は恥ずかしくて着れないですよね。

日常生活で少し意識するだけで

腰回りのお肉を減らして痩せることができるってご存知でしたか?

毎日自動的に1時間のジョギング効果を得る方法

日常生活ですぐに実践して欲しいのが、

姿勢を正すことです。

背筋を伸ばしてお腹を意識してへこませるだけで、

ジョギング以上に体を鍛えることができます。

腹筋や背筋など、

体の姿勢を保つとき使う筋肉を鍛えるだけで、

基礎代謝量が20%も向上するという研究結果もあるんですよ。

20%上がるってどれぐらい凄いのか?

毎日ジョギング1時間するのと同じカロリー消費ができるようになるということです。

毎日1時間ジョギングするのは大変ですよね。

でも、姿勢を正すならできると思いませんか?

例えば食事中、

椅子にもたれずに背筋を伸ばす。

背筋を伸ばして基礎代謝量をアップする

テレビを見るなら、

CM中だけは姿勢を正して座る。

電車の中では、背筋を伸ばしてお腹を凹ませる。

歯を磨くときも、姿勢を正せばダイエットになります。

綺麗な姿勢で立ったり座ったりする時間を増やすほど、

痩せる準備ができていくのです。

運動するならスクワット

ダイエット目的で運動するなら、

ゆっくりとスクワットするのがおすすめです。

お腹を凹ませたいから腹筋運動をするのも良いですが、

スロースクワット15回で腹筋500回と同じ効果が期待できます。

足が太くなるのが心配な人も、

ゆっくりスクワットすれば大丈夫です。

スクワット

筋肉は、速く激しく動かせば太くなりやすく、

ゆっくり負荷をかければ細く引き締まります。

短距離走の選手がマッチョなのに

マラソン選手は細いのはそのため。

同じカロリーを消費しても動かし方で全然違うんです。

脂肪の燃焼に必要な栄養をとっているか

姿勢を正す、ゆっくりスクワットを実践すれば

自宅で確実に痩せることが可能です。

でも、ちゃんと脂肪を燃焼するために必要な栄養をとっていますか?

無計画なカロリー制限で栄養不足になっていると、

運動しても脂肪をエネルギーに変える効率が落ちてしまいます。

例えばビタミンB群。

運動してるのに脂肪が減らない原因で一番多いのが

ビタミンB群の不足だと言われています。

ビタミンB1などが不足すると

脂肪・糖質・たんぱく質の代謝がスムーズにできません。

よく口内炎ができる人や、

イライラやストレスを感じることが多い人はビタミンB群が不足しています。

日本人の平均摂取量は1日に必要な摂取量の80%程度。

特にダイエット中の人は不足しやすい傾向があります。

ダイエット中の栄養不足を予防するために

体に必要なのはビタミンB群だけではありません。

その他のビタミンやミネラルも

体を健康に保ち、脂肪を燃焼させるために必要です。

カロリーを低く抑えて栄養不足を補うなら、

健康食品やサプリメントを上手く使うのがコツです。

例えば青汁は栄養満点でおすすめです。

私は青汁の味が苦手なので、

粒の形で手軽に飲み込める「酵素青汁111選セサミンプラス」を飲んでいます。

青汁のサプリメントで顔色改善

酵素青汁111選セサミンプラスは青汁の栄養素を

2粒で37.8杯分もとることができ、

ダイエット中の栄養不足を補うのにぴったりなサプリメントです。

 
【酵素青汁111選セサミンプラスの詳細はこちら】

 

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA