姿勢を正すと背中が痛い【実はその座り方は間違っているかも】

勉強や仕事で長時間座っていると、

体のあちこちに不調が現れます。

主な原因は姿勢が悪くて猫背になっていること。

でも、意識して背筋を伸ばして正しい姿勢で座ると、

すぐに背中が痛くなってくる…

実は、正しいと思っている姿勢が間違っている可能性があります。

反り腰になっていないか

猫背を治そうとして、

背筋をピンと伸ばして座る。

こう書くと簡単なようですが、

正しい姿勢をとるのは意外と難しいです。

もし、背筋を伸ばして5分も絶たずに背中が痛むなら、

反り腰になっている可能性があります。

猫背と反り腰

真っ直ぐ背筋が伸びずに、

背中が反っている姿勢です。

正しく背筋を伸ばしている場合は

背中だけでなく腹筋も使って体を支えます。

ところが反り腰では

腰骨や背筋の一部分だけで体を支えることになります。

こうなると体に余計な負担がかかり、

背筋が硬直するため背中が痛くなるのです。

正しい姿勢か確認する方法

正しい姿勢で座っているか、

簡単に確認する方法をご紹介します。

まず、いつものように正しいと思う姿勢で座ります。

次にアゴを引きます。

そして、思い切り息を吐いてお腹を限界まで凹ませます。

もし、お腹を凹ませづらいなと感じたら、

自分で正しいと思っていた姿勢が反り腰だった可能性が高いです。

正しい姿勢で座る方法

猫背でもなく、反り腰でもない正しい姿勢で座るには

どうしたらいいのか?

簡単な方法がありますのでご紹介します。

まず、背もたれにもたれずに座ります。

次に、背筋を伸ばしながら両手を真上に上げます。

正しい座り方

この状態でアゴを引き、

お腹を凹ませながら両手を脱力して下ろします。

これで正しい姿勢の完成です。

お腹を常に凹ませる意識を持てば、

背中を痛めずに正しい姿勢をキープできます。

リラックスしながら正しい姿勢で座りたい人へ

正しい姿勢をキープするのは

慣れるまで大変です。

でも、家ではリラックスしたいですよね。

最近では、リラックスした状態で座っても

自動的に正しい姿勢をキープできるクッションもありますよ。

気になる方は、

下記サイトをご確認ください。

↓↓↓↓


スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA