伸びをすると背中がつる【筋肉の痛みはミネラル不足と運動不足だけじゃない】

スポンサーリンク

最近、思い切り伸びをすると背中に鋭い痛みが走る…

スーツの上着を着るときにも背中がつる。

背中がつる痛みって辛いですよねえ。

毎日のちょっとした動作で痛くなると、ビクビクして生活しなくちゃいけません。

原因は何なのでしょうか。

毎日の姿勢が痛みの原因

私は整体に通っていたんですが、整体やマッサージの効果って当日だけ。

翌日には元に戻っていることが多かったんです。

整体師さんに色々聞いてみたら、「慢性的な痛み予防に整体は効果が薄い」って言うからビックリしちゃいました^^;

その整体師さんがいうには、

整体やマッサージは痛みを和らげるけど、根本的な予防にはならない。

それよりも、日常生活での姿勢が大事だと言われました。

デスクワークの姿勢、歩くときの姿勢。

時々でいいから意識して、

背筋を伸ばして腹筋に力を入れるだけでも変わってくるんですって。

根本的に治すには姿勢の歪みを直したり体の使い方を見直すしかない。

よく背中がつる人は同じ姿勢を長時間とっていることが多いんです。

テレビを見る時の姿勢とか、夜寝る前に本やスマホを見ている時の姿勢。

いつも同じ姿勢じゃないですか?

そして気をつけたいのが通勤中の姿勢です。

電車の中で座っている人の姿勢って悪い人多いんですよ。

ちょっと腰を前に出して、背もたれにもたれて足を広げてる人は要注意。

電車の中の通勤風景

立っている人も要注意です。

つり革につかまって顔を下に向けてダラーッとした姿勢の人多いですよね。

あの姿勢をずっとキープしていると筋肉の結構が悪くなってしまいます。

5分に1回くらいでいいので、時々背筋を伸ばして腹筋に力を入れましょう。

現代の日本人はミネラル不足が深刻

栄養面で言うと、マグネシウムとカリウムの不足です。

もともと魚介類に多く含まれている栄養素ですが、

日本人の食生活の欧米化で不足している人が多いと言われています。

ミネラルが不足していると、

筋肉が正常に動かず痙攣しやすくなります。

特にお酒をよく飲む人や

塩分をたくさんとっている人は

マグネシウムやカリウム不足になりがちです。

マグネシウムが不足していると

寝ているときに足がつったり、

頭痛やめまいなどの症状が起こりやすくなります。

背中がつって困っている人は、

これらの症状にも心当たりがあるのではないでしょうか?

マグネシウム不足といっても、

毎日の食事で補うのは大変です。

マグネシウムが豊富なミネラルウォーターか

サプリメントをうまく活用するのが現実的です。

 
頭痛専門医が推奨!「AECスッキリウォーター」お試しセット
 

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA