玉ねぎの花言葉「不死」の由来は?古代エジプト王朝に関係があった

玉ねぎの花言葉は「不死」。

なぜこんな言葉が選ばれたのか由来をたどってみると、古代エジプト王朝に行き着きました。

スポンサーリンク

不死の由来は古代エジプト王朝

玉ねぎの花言葉の由来は古代エジプトと関係がある

古代エジプト王朝では、玉ねぎは「不死」「永遠」を象徴する食べ物と考えられていました。

その理由は、玉ねぎが多くの皮の層を持つから。

剥いてもなかなか無くならない姿を見て、古代エジプトの人たちは不死や永遠を感じたのです。

玉ねぎの花言葉の由来

その思想はミイラ製作にも反映されています。

ミイラを作る際には腐敗を防ぐために眼球を取り除くのですが、眼球の代わりに若く小さい玉ねぎを眼窩に入れていました。

このような歴史的背景から、玉ねぎの花言葉に「不死」が選ばれたのです。

玉ねぎは神秘の食材だった

玉ねぎの花言葉・不死の由来

古代エジプトと玉ねぎの繋がりはまだまだあります。

玉ねぎは独特の香りを放つため、魔除けや幸運をもたらすものと考えられていました。

猫の女神「バステト(バスト)」に関連する祭りでは、玉ねぎを使った首飾りを用いて感謝の気持ちを捧げます。

古代エジプトの人たちは、玉ねぎに神秘性を感じていたのですね。

ピラミッド建設でも玉ねぎが活躍

玉ねぎの花言葉の由来は古代エジプトにあり

古代エジプトでの玉ねぎの神秘性に注目してきましたが、一方で身近な食材でもありました。

例えばピラミッド建設の労働者たちには、玉ねぎとにんにくが支給されていたのです。

玉ねぎは栄養豊富。

しかも常温保存できる食材なので、労働者の栄養補給には最適な食材だったのでしょう。

また、古代エジプトでは玉ねぎを薬として使っていました。

当時は心臓病や頭痛、寄生虫対策の薬として認識されており、エーベルパピルスという古文書に効能が記録されています。

今でも玉ねぎは動脈硬化予防になる食材と言われているので、あながち間違いでもないですね。

スポンサーリンク