ホタルブクロの花言葉の由来【どうやって決まるのか】

初夏に咲くホタルブクロ。

その控えめな姿は、

人を優しい気持ちにしてくれますね。

今回はホタルブクロの花言葉の由来についてお話します。

ホタルブクロの花言葉

ホタルブクロの花言葉は、「正義・貞節・忠誠・感謝・愛らしさ・忠実」です。

愛らしさや貞節などはお花のイメージにぴったりですが、

正義というのはちょっと意外ですね。

この花言葉、どんな由来があるのでしょうか?

花言葉の由来

ホタルブクロの花言葉は、花が教会の鐘を連想させることが由来であると言われています。

教会

神への「忠誠」「感謝」

信仰心を守る「正義」

そして、神の下で生きる神の子の「愛らしさ」

こういった言葉が花言葉として定着してきました。

そもそも花言葉って誰が決めるの?

花

花言葉は、古代のギリシャやローマの時代にすでにあったと言われています。

しかし、花言葉は世界共通ではありません。

各国、民族、地域によって変わってきます。

また、時代によって変化することもあります。

例えば青いバラは「不可能」を意味する花言葉でしたが、遺伝子改良で青いバラが生産できるようになり、「夢かなう」という花言葉が新しく取り入れられました。

青いバラ

日本の花言葉は、世界各地から入ってきた花言葉が混ざっていることが多いです。

なかには不吉な言葉、嫌な言葉が入っていることもありますが、

日本花普及センターが親しみやすい新しい花言葉をつくって、

普及に努める場合もあります。

花言葉は人の数だけある

花は、古くから人を惹きつけ、心の象徴として親しまれてきました。

そのため、その時代、その地域の人たちがどんな暮らしをしてきたか、

どんなことを大切にしてきたかで、花言葉も移り変わってきました。

我が子に名前をつけるように

自分だけの花言葉をつけてもいいのです。

それぞれのお花についた花言葉から、

先人たちがどんな思いを抱いていたのか想像するのも

ロマンチックなことですね。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA