トケイソウの花言葉の由来【なぜ聖なる愛や信仰?】<キリスト教との関係>

トケイソウの花言葉は、「聖なる愛」「信仰」「宗教的情熱」とされています。

この花言葉には、キリスト教との深い関係があるのです。

どういうことなのでしょう。

スペインの宣教師が中南米にキリスト教を布教するときに発見

1569年にペルーで発見されたトケイソウ。

この花を見てスペインの宣教師たちはイエスの受難と結びつけて

布教のシンボルとします。

トケイソウの花言葉

花の子房柱は十字架、3つに分裂した雌しべが釘、

副冠は茨の冠、まわりの花弁は10人の使徒、

巻きひげはムチ、葉は槍をあらわしていると言われました。

キリスト教徒ではない人から見ると、

かなり強引なこじつけのように感じますよね。

しかし、これには宣教師たちが世界中に布教するときの

知られざるノウハウが関係しているんです。

なぜトケイソウとキリスト教を結びつけたのか

世界各地で布教活動をしていた宣教師たち。

国が違えば文化も宗教も言葉も違う。

そんな中で、キリスト教を根付かせていくのは

並大抵ではありません。

宣教師たちは、まず各地の風習や文化に溶け込むことから開始します。

日本では着物を着たり、お寺や神社に参拝する、

日本の名前を名乗る宣教師もいました。

また、庶民の暮らしを支援する取り組みを通じて

民衆の信頼を勝ち取っていったのです。

キリスト像

日本のように仏像や経典を読む文化がある地域では、

マリア像がそのまま布教のシンボルとして使えますが、

偶像崇拝が風習としてない地域では

マリア像などはあまり有効ではありませんでした。

そういった地域では、地域の山、水、花などを

布教する際のシンボルとして利用することが行われていたんです。

中南米では、トケイソウがそのシンボルに選ばれ、

布教を進めていったのです。

>>「顔にカビが生えた結果大変なことに!」の記事を見る

 

スポンサーリンク