タチアオイの花言葉の由来【なぜ大志、大望、野心、高貴なのか】

毎年初夏になると美しい姿をみせてくれるタチアオイ。

そんなタチアオイの花言葉は

「大志」「野心」「大望」「高貴」「豊かな実り」です。

タチアオイの可憐な姿からは想像できない、

仰々しい花言葉が並んでいますね。

今回は、タチアオイの花言葉の由来についてまとめました。

タチアオイの花言葉の由来と十字軍

タチアオイが世界的に広まったのは12世紀ごろ。

聖地エルサレム奪還のために行われた十字軍が関係していると言われています。

十字軍

ヨーロッパのキリスト教の国々にとって聖地奪還は大いなる使命であり、権力者たちの悲願でした。

このような時代背景から「大望」「野心」がイメージされ、聖地の花であることから「高貴」という花言葉が加えられました。

花言葉の由来は姿かたちも関係あり

タチアオイの花言葉は歴史的な背景に加え、

咲く姿や実のなる姿からも連想されたと言われています。

タチアオイの花言葉

タチアオイの花が散った後はたくさんの実がなり、実の中にはたくさんの種が入っています。

「大志」がやがて「豊かな実り」になる。

力強い花言葉が定着していったのです。

 
>>顔にダニがウジャウジャいるって知ってますか?

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA