アプローチの練習方法【ダフリ対策と左肩で距離感を養う】

ゴルフでスコアに大きな影響を与えるのがアプローチ。

アプローチの悩みといえば、

1.ダフる、ザックリ

2.距離感が合わない

今回は、この2つの悩みを解決する方法についてお話します。

打ちっぱなしでアプローチのダフリをなくす練習方法

ゴルフで厄介なのが、芝生と人工芝の差ですよね。

練習ではうまく打ててる気がしても

いざコースに出てみたらアプローチがダフリ、ザックリの嵐…

そんな人におすすめの動画がありましたよ。

実際にやってみるとかなりのプレッシャーです。

15ヤードくらいの距離から練習しましょう。

30ヤードを超えてくるとかなり難しいですが、

ラウンドでのアプローチの精度が大きく変わりますよ♪

左肩で距離感を覚える

アプローチでうまく打てるようになっても、

距離感が合わないと意味がありませんよね。

あなたは普段、どんな風に距離感を合わせていますか?

なんとなく手の振り幅で調整していると、

日によって距離感が合わないことがあると思います。

特に、50ヤードから100ヤードの間の距離では、

誤差が大きくなります。

これはなぜかと言うと、

アプローチショットの飛距離は手の振り幅ではなく、

左肩をどこまで動かしたかで決まるからです。

ゴルフ

同じように手を肩まで上げたとしても、

肩を回したときとそうでないときでは飛距離が大きく変わります。

普段の打ちっぱなしの練習では

左肩が顎の下のどの位置にあるかを常に意識してください。

左肩に着目することで距離の打ち分けがかなり優しくなります。

普段あなたが70ヤード地点を狙うことが多いのであれば、

そのときの左肩の位置を覚えておくのです。

そして、そこからマイナス10ヤード、

プラス10ヤードと打ち分けるためには

左肩をどの程度回せばいいのかを覚えます。

私は左肩に着目してアプローチを練習するようになってから、

長年超えられなかった85の壁をあっさりと超えることができました。

まさに目からウロコ。

なんとなくの感覚に頼らず、

目に見える左肩できちんと距離感を覚えましょう。

>>ライザップゴルフのスイング分析は凄かったよ

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA