ゴルフで本番はフルスイングできない理由?3つのチェックポイント

スポンサーリンク

ゴルフって打ちっぱなしと本番では全然違いますよね。

コースに出ると、気持ちよくフルスイングできないことありませんか?

傾斜がない場所でも、なぜかいつものように振れない…

ティーグランドでもフルスイングしづらい…

実はこれ、あなたのスイングの癖が原因だったのです。

今回は3つのポイントをご紹介します。

本当にフルスイングできていないのか?

まず最初にチェックしたいのがオーバースイングの確認。

アマチュアの8割がオーバースイングと言われています。

あなたがフルスイングだと思っているものがオーバースイングなら、本番でできないのは無理もありません。

オーバースイングかチェックするためには左肩に注目するのが簡単です。

バックスイングすると左肩がアゴに近づきますよね。

左肩がアゴの真下に来たところが、あなたの本当のトップです。

それ以上は余計な動作。

オーバースイングになってしまいます。

もしあなたが「この段階ではクラブが十分に上がっていない。」と感じるならバックスイングの改善が必要です。

分かりやすい動画がありましたので、貼っておきますね。。

バックスイングは初動で間違えるとオーバースイングに直結します。

手を後ろに引いてから上げていないかチェックしましょう。

右膝が流れていないか

オーバースイングはしていない!

そう言い切れるなら別の癖が原因です。

次にチェックしてほしいのは右膝。

バックスイングで右膝が体の外に流れていませんか?

バックスイングと右膝

右膝が流れすぎているとバランスが不安定になりがち。

コースに出ると気持ちよく振れなくなります。

しかし「右膝を完全に止める」というわけではありません。

次の動作にスムーズに移れるかが重要です。

次の動画が、分かりやすいと思います。

バックスイングはダウンスイングの準備動作です。

形よりもダウンスイングにスムーズに移れているかどうかが重要

トップからの切り返しで膝に余計な動作が入らないか?

スムーズに移行できているかチェックしましょう。

かかと体重になっていないか

3つ目のチェックポイントはかかと体重になっていないか。

バックスイング中に、体重がかかとに集中する人が多いです。

かかと体重になってしまうと、バランスが悪くなりがち。

かかと体重になっていないかチェックする方法は簡単です。

ほんの数ミリだけ、かかとを浮かせた状態で打ってみましょう。

自分だけが分かるぐらい、ほんの少し浮かせればOKです。

この状態で違和感なく打てるなら、かかと体重になっていません。

かかとを浮かせ続けるのが難しい人は要注意。

つま先で地面をつかむイメージを意識して練習しましょう。

高反発ドライバーって使ったことありますか?

話は変わりますが、高反発ドライバーって使ったことありますか?

公式戦では使えませんが「規制以上」の威力はすごいですよ。

最近、うちの父が使い始めたのですが飛距離が30ヤード伸びました。

還暦を超えているのに、飛ばし屋の仲間入りです。

詳細については「高反発ドライバーの口コミ」をご覧ください。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA