送別会でビンゴ以外で盛り上がるゲームとは?

スポンサーリンク

送別会の幹事を任された!

先輩から「盛り上げろ」とプレッシャーをかけられると辛いですねえ。

今回は、送別会が盛り上がるゲームを紹介します。

ビンゴ以外にも、面白いゲームがたくさんありますよ。

道具がいらない「ぴったりゲーム」

送別会は予算が少なめの場合も多いです。

道具を使わなくてもできるゲームをご紹介します。

設定した数字をめざして質問し合う「ぴったりゲーム」。

このゲームをしている動画があったので貼っておきますね。

まずは2つのチームに分かれます。

1つのチームは3人~5人ぐらいがいいでしょう。

人数が多い場合は、チーム数を増やしてトーナメント方式にしてもいいかもしれません。

あとは、設定した数字をめざして相手チームに質問をしていきます。

例:

「A:あなたのジャケットの値段は?」

「B:3万円!」

「司会:Aチーム、3万ポイント獲得!」

設定する数字は10万~50万ぐらいがいいと思いますよ。

あまり大きな数字を設定すると、財産への質問が多くなりがち。

ちょっと生々しい話になるので要注意。

「○○さんのパソコンの値段は?」ぐらいがちょうどいいんですよ。

100万を超えると

「○○さんの貯金は?」なんて聞く人が出てきます。

逆に設定数字が小さすぎると…

「○○さんの付き合った人数は?」と聞く人がでます。

10万~50万の間で設定すれば、そういう微妙な質問を回避できるんです。

質問内容の傾向は、参加するメンバーの性格や年齢で大きく変わります。

どうするかは幹事さんの直感です♪

ゲームを始める前に、例を見せたほうがスムーズです。

「今日食べたお昼ごはんの値段は?」とか。

簡単な質問でゲームの流れを説明しましょう。

ぴったりゲームを盛り上げるコツ

ぴったりゲームを盛り上げるコツは、司会役を作ること。

お互いが獲得したポイント数の管理をしつつ、ユニークな質問を褒めたりしましょう。

送別会で盛り上がれるゲーム

商品や罰ゲームを用意するのもいいと思います。

立った人数を当てるスタンドアップゲーム

人数が多くてもできる、単純で面白いゲームがあります。

それが「スタンドアップゲーム」。

紹介している動画がありましたので貼っておきますね。

スタンドアップゲームのルールは簡単。

・参加者は順番に数字を言っていく

・言った本人も立ってもOK。

・言った数字と実際に立ち上がった人数が合えば勝ち!

単純ですが、人数が多いと結構難しい。

その場で食べながらできるのも、おすすめポイント。

スタンドアップゲームを盛り上げるコツ

このゲームを盛り上げるには「勝ち抜け方式」がおすすめ。

当てた人は抜けていき、最後に残った人は罰ゲーム!

これが単純ですが、面白い。

みんな最後の一人にはなりたくないので真剣になります(笑)

ただし人数が多すぎると時間がかかります。

人数が20人を超える場合は、勝った人から賞品ゲットというルールにしましょう。

もっと他のゲームも知りたい人は

「大人数で盛り上がるゲーム」もご覧ください。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA