妹の結婚式のご祝儀で失敗すると一生言われる!兄として相応しい行動を

スポンサーリンク

このたび、私の妹が結婚することになりました。

近々結婚式があるのですが、ご祝儀はどうしたら良いのか気になりました。

今回、以下のことを調べたのでご紹介します。

・ご祝儀の相場

・妹へのご祝儀の注意点

・家族で1つのご祝儀にまとめる場合

・ご祝儀袋の選び方

・披露宴でサプライズしたい人へ

・「ご祝儀はいらない」と言われたら?

妹の結婚式は友達のものとは違います。

晴れ舞台での不手際は一生言われますから、兄・姉として立派に振る舞う準備をしましょう。

妹へのご祝儀の相場は

妹の結婚式のご祝儀の相場は、あなたが独身か既婚者かで違います。

まとめると以下の通りです。

●独身の場合

・20代前半:5万円orプレゼント

・20代後半:5~10万円orプレゼント

・30代以上:10万円

●既婚者の場合

・夫婦(家族)で10万円

●家族全員で1つのご祝儀の場合

合計10万円以上入れる

(例:父母7万円、兄5万円、弟3万円)

お金ではなくプレゼントをすることも多いです。

妹と話してみて、どちらが良いか探ってみましょう。

あなたがすでに結婚しているなら、あなたの家族一同という形で1つのご祝儀にまとめます。

結婚式に妻や子どもが出席してもしなくても扱いは同じ。

あなただけの名前を書かないように注意。

家族全員でまとめる場合は、相場はありません。

家族で話し合って決めましょう。

妹へのご祝儀の注意点

妹の結婚式

妹へのご祝儀では注意点が1つあります。

「渡すのは当日ではない」

この1点だけは気をつけましょう。

というのも、妹の結婚式はあなたも招待する側。

主催者の一員なのです。

結婚式は「○○家 □□家 結婚式(披露宴)」として開催されます。

新郎・新婦の親族も主催者なのです。

今はもっとフランクな、ガーデンウエディングのような形で行うこともあります。

それでも、事前に直接渡しましょう。

遠方で事前に会えない場合は、現金書留で送っても大丈夫。

と言っても、送りつけるだけではだめですよ。

電話したり、手紙を添えたり…

あなたの気持ちを伝える工夫は必須です。

家族からまとめて渡す場合

ご祝儀を父や母と一緒にまとめることも多いです。

その場合は、何か別に喜ばれるプレゼントを考えたいですね。

好きなスイーツや果物のお取り寄せグルメ、生活雑貨など…

高額ではないプレゼントがおすすめです。

妹への結婚祝い

私の場合はLeTAOのドゥーブルフロマージュを贈りました。

お金だけというのも寂しいな…と思う人は考えてみましょう。

ご祝儀袋の選び方

妹へのご祝儀は事前に渡す。

親しき仲にも礼儀あり。

ご祝儀袋はきちんと用意しましょう。

ご祝儀袋を選ぶときのポイントは、のしと水引。

こういうご祝儀袋なら問題ないです。

妹の結婚式のご祝儀袋

特に水引は、ちょうちょ結びはNG。

1回限りが望ましいお祝いごとは、結びきりが鉄則。

詳しくは、こちらの動画をご覧ください。

披露宴でお祝いしたい人へ

妹へのご祝儀は事前にする。

あとは、当日は進行に従ってお祝いすることになります。

「何か当日もお祝いしたい!」という場合は、ビデオレターなんてどうでしょう。

参考になる動画がありました。

サプライズ系をしたいと思うなら、新郎に声をかけてみましょう。

新郎側でサプライズ企画があるなら調整が必要です。

新郎側でサプライズがあるなら、そちらが優先。

披露宴ではなく、二次会でビデオレターを流してもらうという手もあります。

「こうでなくてはならない」というものはありません。

よく話し合い、自分の気持ちだけで暴走しないように気をつけて。

「ご祝儀はいらない」と言われたら?

最後に、妹から「ご祝儀はいらないよ」と言われた場合です。

いらないなら必要ないか…と安心するのはNG。

食事、旅行、プレゼントなどで気持ちを伝えましょう。

お祝い事の際、どう振る舞うか。

あなたの人間力が試されます。

兄・姉として、しっかりお祝いしましょうね。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA