日焼けが痛い【日焼けケアとお肌が回復する食べ物とは】

日焼けがお肌に悪いのはわかってるけど、ついうっかり油断した!

日焼けが痛くて、たまらない。

きれいに治したい!

そんなあなたのために、

応急処置とお肌を回復させる食べ物についてまとめました。

応急処置の手順

①冷やす

とにかく一刻も早く冷やしてください。水でさらすよりも、濡れタオルを当てるほうが効果が高いです。

冷たいシャワーや保冷剤をくるんだ濡れタオルで

痛みを感じる場所よりも広めに冷やします。

痛みがなくても、自覚がないだけで周辺もやけど状態なんですよ。

ただし、水ぶくれができてたら皮膚科へ直行してください。

氷のイラスト

②痛みがマシになったら保湿を行う

冷やして痛みを抑えた後は、痛みがぶり返さないよう保湿します。

日焼けでダメージを受けた肌は保水力がガクッと落ちていますので、大げさなくらいやったほうがいいですよ。

おすすめは、オロナインやアロエ軟膏をべったり塗ること。

化粧水もいいんですが、しみる場合は即やめて軟膏だけ塗ってください。

肌を回復させる食べ物

お肌の回復に特に重要な栄養素は、

たんぱく質、亜鉛、ビタミンC、ビタミンEです。

毎日の食事で意識して補給するのが重要です。

ただし、1回の食事で大量にとるよりも、

少ない量をこまめにとるほうが効果的です。

体に常に栄養素がある状態をキープしてあげると回復が早まります。

ちょくちょく手軽に栄養補給できる食べ物って色々あるんですよ。

①いちご

いちごの画像

ビタミンCが豊富で、手軽にとれるのがいいです。

できればお出かけ前にも1パック食べておけば

日焼けへの対抗力が強くなります。

②くるみ

くるみ

くるみは、亜鉛とビタミンEを豊富に含んでいます。

また、たんぱく質も補給できる優秀な子です。

亜鉛は、細胞分裂する際に不可欠な栄養素。

新しいお肌をつくる材料をどんどん供給してあげましょう。

ビタミンEは血行を良くして、肌の新陳代謝も促します。

また、抗酸化作用があるのでアンチエイジングにもいいですねえ。

③オレンジジュース

オレンジジュースの画像

ビタミンCをこまめに補給するのに最適です。

ビタミンCはメラニンの生成を抑えてくれて、

しみやそばかすに効果があります。

一口ずつでいいのでコマメに飲んで、体の中に常にビタミンCを補給してあげましょう。

その他日焼け後にするといいこと

日焼けのアフターケアは、1週間が勝負です。

この期間は、水を多めに飲むようにしてください。

それから、皮はめくらないこと!

めくった部分がシミになる確率が上がっちゃいます。

めくりたいけど我慢我慢!

最後に、洗顔料やボディーソープを使わずにお風呂に入ること。

結構お肌に負担がかかるんです。

お湯、水だけで時間をかけて洗いましょう。

>>ハーフパンツの日焼け跡を早く治したい人へ

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA