怖くて就活できない人へ!一人で解決できないならプロの応援団に頼ろう

昨日、当ブログにこんなメッセージが届きました。

「怖くて就活できません。

地元から出て東京に住みたい気持ちはあるのに…」

怖くなって行動できないことってありますよね。

そんな自分が嫌で落ち込んだりして…

今日はそんな人にこそ知ってほしいことをお話します。

スポンサーリンク

「怖い」は悪いことじゃない

怖くて就活できない人のための支援サービス

はじめに、これだけは言わせてください。

あなたの「怖い」という気持ち。

決して悪いことではありません。

就職活動中は、傷つくようなこともいっぱい起こります。

ネットでちょっと調べるだけで、色々な情報が出てくるから余計に怖くなりますよね。

怖いのは自然なことです。

だから怖くて一歩踏み出せないからといって、自分を否定する必要はありません。

大事なのは、そこから先。

怖くて前に進めないなら、違う方法を探ればいいのです。

就活って、色々なやり方があるんですよ。

あなたに必要なのはサポーターだ

就活が怖い人はプロの支援サービスを利用しよう

今あなたがやるべきことは、恐怖を取り除くことではありません。

支えてくれるサポーターを見つけることです。

あなたは「就活とは1人で戦うもの」だと思っていませんか?

それは勘違いです。

就活をマンツーマンで助けてくれる支援サービスもいっぱいあります。

しかも無料で利用できるものが大多数です。

なぜそんなサービスがあるのか?

答えは簡単、今は人手不足の時代だから。

どの業界も働き手が足りなくて、新しい人を雇うのに一生懸命なのです。

自分ひとりでは怖くて就活できないなら、助けてもらえばいいのです。

実は私の従兄弟も、そんな支援サービスを使った一人。

地方から上京したから、就職先だけでなく住む場所も用意してもらったんですよ。

私の従兄弟はTokyo Diveで解決した

怖くて就活できない人が解決する方法

私の従兄弟もあなたと同じように、怖くてなかなか就活できずにいました。

そんな従兄弟が変わったのは「TokyoDive」という就活を助けてくれるサービスを知ったことがきっかけでした。

Tokyo Diveというのは、東京での就活を助けてくれるサービス。

地方在住なら住居も用意してくれるし、引っ越しの初期費用を限りなくゼロに近づけることも可能です。

何より嬉しいのは、登録すると就活の専門家があなたのサポーターについてくれる点です。

親身になって何度でも相談にのってくれますよ。

私の従兄弟の場合は、面接対策も一緒に考えてくれたんですって。

単なる情報提供だけではないのが心強いですね。

怖さを和らげて、前に進む力をくれます。

(従兄弟の体験談はこちらを参照)

Tokyo Diveの詳しい内容

怖くて就活できない人のためのTokyo Diveとは

Tokyo Diveについて、もう少し詳しい内容をご紹介します。

まず、登録後の流れをザッとまとめてみました。

  1. 登録する
  2. 担当コーディネーターから挨拶の連絡が入る
  3. 面談の日時を決定
  4. 担当コーディネーターと面談(電話面談も可)
  5. あなたの希望に合う就職先をピックアップ
  6. 履歴書の書き方や面接について一緒に対策
  7. 引越し&仕事開始

普通の求人サイトと違うのは、最初に応援してくれる人が付くこと。

あなたの希望

あなたの不安

気づいていない長所

面談を通して、あなたがスムーズに新生活をスタートできるように一緒に考えてくれます。

あ、面談は就活の面接とは全然違いますよ。

あなたの現状や希望を共有して、ピッタリな就職先を見つけるための場だと思ってください。

怖くて就活できない人を応援してくれるサービス

就職先の業種は様々。

事務、サービス業、製造業など色々と揃っているので希望に合うものが見つかるはずです。

雇用形態は派遣社員が中心。

思いもよらない職種もあるので、しっかり相談しましょう。

東京近郊に住んでいて引っ越しの必要がない人は、仕事だけ紹介してもらうことも可能。

かなり臨機応変に対応してもらえます。

Tokyo DIveを利用すると「何をどうしたら良いのか分からない」状態から脱却できます。

やるべきことは率直な気持ちを伝えることだけ。

あとはアドバイスの通りに動くだけです。

これなら、たった一人で就活をするより楽だと思いませんか?

少なくとも不安を相談できる味方ができます。

一人で抱え込む時代は終わった

いかがでしょうか。

現在は人手不足の業界が増えている分、就職を支援するサービスが充実してきています。

きっとあなたにとって、心強い味方になってくれますよ。

【TokyoDiveの公式サイトはこちら】

スポンサーリンク