田舎住みでライブに行けない人へ!東京に引っ越すのは意外と簡単

田舎在住で辛いのが、ライブの遠征費用ですよね。

交通費や宿泊費を貯めるのは大変。

ライブに行きたくても行けないことがよくあります。

「東京に住んでる人はいいなあ…」

羨ましいと思っているけど、実際に東京に引っ越すのは無理だと諦めていませんか?

調べもせずに諦めるのは、もったいない!

今は東京での職探し・家の確保を助けてくれるサービスがあるんですよ。

もし少ない貯金でも東京生活をスタートさせることができるとしたら、あなたはどうしますか?

東京移住のハードルは下がっている

何もかも自分の力だけで上京しようと思うと、3つの大きな壁があります。

・引っ越しの初期費用

・収入が入るまでの生活費

・就活

まずはお金。

支援サービスを利用しない場合、引っ越しの初期費用は家賃・不動産仲介手数料・敷金だけでも30万円ぐらいかかります。

家具や当面の生活費を考えれば60万円ぐらい必要でしょう。

なかなか痛い出費です。

引っ越しだけでも大変ですが、就職先を見つけるのはもっと大変です。

すぐに内定が出なければ、何度も東京に通わなければなりません。

交通費だけでも、あっという間に10万円以上かかってしまうでしょう。

就活だけで財布が空っぽになったら、ライブどころではないですよね。

ところが支援サービスを使えば、こんな苦労をする必要はありません。

例えばTokyo Diveの場合、就職先の確保だけでなく初期費用ゼロで住める部屋の手配までしてくれます。

当面の生活費さえあれば上京できるのです。

Tokyo Diveの仕組み

上京

上京支援サービスってどんな内容なの?

ここから先はTokyo Diveを例にして解説したいと思います。

Tokyo Diveは人材派遣会社が運営している支援サービスです。

利用者登録をすると、担当コーディネーターから電話がかかってきます。

挨拶と、あなたの希望を確認するためです。

例えば今すぐ上京したいのか、来年までに上京したいのかで必要な情報が変わりますよね。

仕事も何でも良いわけではありません。

事務職、接客業…どんな仕事を希望するのかで必要な情報が違います。

何度かコーディネーターとやり取りしながら、希望を絞り込んでいく。

就職先や家の手配が完了したら、上京!…という流れです。

何社も面接を受ける必要なし。

就職活動の苦労は最小限に、新生活をスタートできます。

東京に何度も通わなくても新生活の準備ができる。

これは大きなメリットです。

ちなみに、Tokyo Diveが用意してくれる部屋はレオパレスやシェアハウスです。

敷金などの初期費用ゼロで家賃が安い物件を手配してくれます。

勤務地から通いやすい部屋を探してくれるので、土地勘がなくてもスムーズに引っ越すことができます。

従兄弟はTokyo Diveですぐ上京した

上京

実は私の従兄弟もTokyo Diveを利用して上京しました。

当時の貯金は30万円ぐらいでしたが、全く問題なし。

あっという間に上京に成功したので驚きました。

色々な企業の面接を受けなくても就職先を確保できたから、面接に落ち続けて凹むこともない。

こんな身軽な方法もあったんですね。

従兄弟の経緯については「貯金30万円で上京できるか?」をご覧ください。

趣味で住む場所を決める

田舎暮らしでライブに行けないなら東京に引っ越そう

いかがでしょうか。

東京に住むためのハードルは、確実に低くなっています。

昔なら勤務地に合わせて住む場所を選んでいましたが、今は違います。

趣味で住む場所を決めるという人がいっぱいいるのです。

いい時代になったなあ。

憧れの東京!仕事と住居を同時提供TokyoDive

スポンサーリンク