映画館にバターを持ち込むのってあり?ポップコーンの頼み方の工夫も紹介

映画館で食べる、溶かしバターたっぷりのポップコーン。

美味しいですよねえ。

映画館によってはバター多めにしてくれるけど、物足りない人は持参して後から足す人もいます。

でもバターを持ち込むのってルール上ありなの?

スタッフさんに確認してみました。

スポンサーリンク

スタッフに確認してみた

映画館にバターを持ち込む

スタッフさんに確認してみたところ、こんな答えが返ってきました。

「ポップコーンを買ってくださっているなら、問題ありません。」

まずは一安心。

これで堂々とバターを追加できますね。

映画館としては、ポップコーンを買ってくれたら収益を確保できます。

厳密にルールを守るならNGになるのでしょうけど、誰にも迷惑にならないので注意をすることはないそうです。

持参派は意外と多いみたいです。

このスタッフさんは、ケチャップやマヨネーズを持ち込む人も見たことがあると言っていました。

もちろん映画館で売っているフードメニューを買うのが大前提ですが、味のちょい足しぐらいはOKと思って大丈夫そうです。

「バター2回かけて」と言うのも手

映画館でポップコーンにバターを追加してもらう

映画館によっては「バターをかけますか?」と聞いてくれるところもあります。

そのような映画館の場合、頼み方を工夫しましょう。

単に「バター多めで」はダメです。

上の方はたっぷりでも、底のほうのはバターがかかりません。

正しい頼み方は「バター多めで、2回に分けてかけてね」です。

1回目はポップコーンを半分ぐらい入れた時点。

2回目は一番上。

こうすれば全体に溶かしバターが行き渡るので、最後まで美味しく食べられます。

ただし「2回かけてね」と急に言っても、店員さんは戸惑うでしょう。

それも計算のうち。

すぐに「真ん中ぐらいのところで1回かけて、1番上でもう1回かけて」と説明するのです。

これでほぼ伝わります。

頼み方さえマスターすれば、わざわざバターを自前で用意する必要はなくなります。

ぜひ挑戦してみてください。

持ち込みに便利なバター

映画館にバターを持ち込む

映画館に持ち込むバターは、何でも良いわけではありません。

一番おすすめはチューブタイプ。

これがあれば、ちょいちょい付け加えながら食べることができます。

明治 チューブでバター1/3 160g×3本入クール便【送料無料】※北海道・沖縄・東北は別途送料が必要です。※クール便にて代引き不可

一口サイズで個包装されているタイプもありです。

でもチューブタイプと比べると少し不便だと思います。

個包装を外す時に手が汚れるし、ゴミが出やすいところが気になります。

暗い中では外しにくいし、迷惑になるかもしれません。

スマートさ、汚れにくさを考えるとチューブタイプが一番ですよ。

ウエットティッシュは必須だ

バター大好きっ子には言うまでもないかもしれませんが、ウエットティッシュは必須です。

たっぷりバターを使えば、手がベトつきます。

必ず用意しておいてくださいね。

間違っても座席で指を拭いたりしたらダメですよ。

平日の常連になれば3回がけもある!?

最後に、私の知り合いのバター好きの話を紹介します。

この人は毎週水曜日の午前中に映画を観ていて、スタッフとも友達のように挨拶する関係です。

そこまで行くと、バターがけも思うがまま。

3回以上に分けてたっぷり入れてもらったり、サービス満点なんだそうです。

バターを好きなだけかけてもらえる。

夢のような話ですね。

常連になってスタッフに顔を覚えてもらう。

楽しい映画&バター生活の最終形態なのかもしれません。

スポンサーリンク