ティッシュのホコリが気になる人へ!2つの解決策を一挙公開

ティッシュのホコリって気になりますよね。

私はアレルギー性鼻炎なのですが、鼻をかむと余計に鼻づまりがひどくなります。

そこで今回は、解決策を2つ紹介したいと思います。

・ホコリが出ないティッシュ

・飛んだホコリをすぐ回収するグッズ

この2つのどちらかを使えば、解決するはず。

さっそく見ていきましょう。

スポンサーリンク

ホコリが出ないキムワイプ

ティッシュのホコリを予防

ティッシュから出るホコリの正体は繊維くず。

普通のティッシュでは、どうしてもホコリが飛んでしまいます。

「ホコリが飛ばないティッシュが欲しい!」

大丈夫。

ちゃんと見つけました。

ホコリ厳禁の病院や研究室、工場で使われているティッシュがあったんです。

その名もキムワイプ。

日本製紙クレシア キムワイプ 200枚 6個入

ちょっと硬い紙質なので、鼻をかむなら霧吹きで水分を含ませてから使うのがおすすめです。

慣れればそのまま鼻をかんでも意外と平気でした。

こすらないように、鼻を優しく包むのがコツですね。

水分や油分をよく吸収するから、掃除用に使っている人が多いです。

これでスマホを拭くと、とても綺麗になりますよ。

卓上クリーナーで飛散したホコリをキャッチ

ティッシュのホコリが飛ぶ

鼻炎持ちの人は、常にティッシュの箱を多めに備蓄していると思います。

愛用のティッシュを使いつつ、ホコリを今すぐ解決したい人には別の対策が必要ですよね。

そこで目をつけたのが、卓上クリーナー。

Coolli 卓上クリーナーでピンポイントのホコリ対策

本来は机の上のホコリや消しゴムのカスを掃除するもの。

でも、これがティッシュから飛ぶホコリを吸うのにちょうど良かったのです。

最初は卓上空気清浄機を試したのですが、ダメでした。

「今、このホコリを吸ってほしい」と思っても、吸引力不足で吸えているのか実感できなかったのです。

ティッシュのホコリ対策

高機能なものを買えば話は別ですが…

ティッシュのホコリ対策で高い空気清浄機を買うのは抵抗があります。

シンプルで、それなりの吸引力さえあればいい。

値段と性能のバランスで色々検討した結果、卓上クリーナーに落ち着きました。

ティッシュを使ったあと、30秒ぐらい周囲(空中も含む)を吸ってあげればOK。

私の鼻炎も、これでだいぶ楽になりました。

ベッドも工夫すれば快適に眠れる

ティッシュのホコリを解消

いかがでしょうか。

今回紹介した2つのグッズを使えば、ティッシュのホコリ飛散はかなり防げるはずです。

鼻をかめばかむほど鼻炎がひどくなる…ということもなくなると思います。

あと気を付けたいのが、ベッド周りですね。

寝ようと思って横になった途端に、鼻がグズグズしたことはありませんか?

実はこれ、ちょっとした工夫で対策できるんですよ。

詳しくは「横になると鼻がつまる!ゴミ袋とガムテープで解消する方法」をご覧ください。

スポンサーリンク