パターマットのホコリ取り【簡単で効率が良いのは100均のアレ】

ゴルフのスコアアップのためにはパターの練習が必須です。

パターマットで練習していると気になるのが、マットに付着するホコリや糸くずです。

マットはフェルト状なので、ホコリがくっつきやすいのが難点。

パターマット

今回は、掃除を楽にする方法をあれこれ実験しました。

ガムテープよりも簡単に掃除するにはどうすればいいのでしょうか。

今回用意したもの

パターマットのホコリ

今回は3つの道具を比較したいと思います。

・エチケットブラシ

・スポンジ

・研磨剤入りのハードスポンジ

エチケットブラシは、服についた糸くずやホコリを払い落とすときに便利な道具。

もしかすると、パターマットも綺麗に掃除できるかもしれません。

エチケットブラシ

2つ目はスポンジ。

これは普通の食器洗い用のスポンジです。

片面がザラザラしています。

3つ目は、研磨剤入りのハードスポンジ。

フライパンの焦げ付きを落とすためのスポンジです。

ハードスポンジ

研磨剤が配合されている面はとても固く、ゴルフクラブを磨くときにも便利な道具です。

スポンジを選んだ理由は、以前「靴下の毛玉取り方法」を検証した際、大活躍したからです。

ちなみに、今回の3つの道具は全て百均で購入しました。

エチケットブラシを試した結果

まずはエチケットブラシで挑戦します。

ササッと撫でるように掃除していきます。

エチケットブラシでパターマットを掃除

色々と撫でる方向を変えると、マットの芝目の向きがよく分かります。

どうやら、芝目の方向に対して斜めに撫でるとホコリがよく取れるようです。

手応えとしてはまずまずです。

ところが、一つ問題を発見しました。

エチケットブラシを使うと、払い落としたホコリが床に落ちてしまうんですね。

ブラシにはくっつきません。

エチケットブラシでパターマットの掃除

マットのホコリを移動させているだけなので、最終的には床掃除が必要になります。

とはいえ、ガムテープだけでパターマットを掃除するよりは効率は良さそう。

効率化という点では、使えると思います。

普通のスポンジを試した結果

次は普通のスポンジで挑戦。

スポンジは、ザラザラした面で撫でるとホコリがよくとれます。

靴下、黒いコートなど、服の毛玉やホコリ取りでは大活躍してくれますよ。

スポンジでパターマットのホコリ取り

では、パターマットの掃除には使えるのか?

使ってみた感じは、まずまずの印象です。

エチケットブラシと違い、スポンジ自体にホコリが絡みつきます。

スポンジでパターマットを掃除

ただし、マメにスポンジのホコリを取り除かないと、効率は半減。

スポンジについたホコリをガムテープで取り除く作業が必要ですね。

エチケットブラシと比較すると、一長一短でしょうか。

ホコリがたくさん付いている場合は、エチケットブラシで払い落とす方が楽かもしれません。

スポンジなら家にストックがある人が多いと思います。

ぜひ試してみてください。

研磨剤入りのハードスポンジを試した結果

最後に、研磨剤配合のハードスポンジ。

まずは、1番固い面でゴシゴシこすってみます。

ハードスポンジでパターマットの掃除

…全然とれません。

どうやら、ホコリ取りには向かないようです。

研磨剤が入っていないザラザラした方でこすれば、よくとれます。

ホコリを取り除くには、固さよりも摩擦が必要なようです。

スポンジでパターマット掃除

研磨剤入りの固い面でアイアンを掃除して、ザラザラした面でパターマットを掃除すれば一石二鳥ですね。

スコアが上がらない人へ

いかがでしょうか。

パターマットの掃除には、エチケットブラシかスポンジを使うのが効率的です。

ガムテープだけで掃除するのは面倒です。

スポンジもエチケットブラシも百均で手に入るので、試してみてくださいね。

最後に一つ。

あなたは去年よりスコアアップしていますか?

打ちっぱなしで必死で練習して、パター練習もしているのにスコアが良くならないなら練習方法が間違っているかもしれません。

パターマット

私は最近、ライザップゴルフの無料スイング診断に参加しました。

ライザップゴルフの診断は、パターからドライバーまで全部見てくれます。

自分の癖や弱点を科学的に分析してもらうと、驚きの連続でした。

「自分のスイングは自分が1番よく分かっている。」

実はそれ、思い込みかもしれません。

最近伸び悩んでいる人は、解決方法が見つかると思いますよ。

詳しくは「ライザップゴルフの口コミ【打ちっぱなしの無料レッスンとの違いは?】」をご覧ください。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA