ココアのカフェインってどれぐらい?授乳中も飲んで良いのか

授乳中の人は、食べ物や飲み物に気をつかいますよね。

甘い香りでリラックスさせてくれるココア。

授乳中に飲んでも大丈夫でしょうか?

・ココアのカフェインの含有量

・その他の栄養成分

この2つから、ココアは1日何杯まで飲んでもいいのか調査しました。

ココアのカフェイン含有量は?

ココアの効果

市販のミルクココアのカフェイン量を色々と調べてみました。

ココアはカフェイン量は少ないです。

平均的なミルクココア1杯の場合

・レギュラーコーヒーの約1/10~1/16

・煎茶の約1/5

カフェインだけで見ると、1日に10杯飲んでも問題はありません。

ただし、ココアの飲み過ぎはよくありません。

1日に3杯、多くても5杯以内にするべきだと思います。

何故かと言うと、ココアにはカフェイン以外にも色々な成分が入っているからです。

糖分、脂肪分、ポリフェノール…

これらのことも考えないといけません。

母乳にカフェインは入るのか

ココアとカフェイン

そもそも、カフェインは母乳に入ってしまうのでしょうか?

調べてみると、飲んだ量の0.5~1.5%程度のカフェインが母乳にも入るようです。

ピークは飲んでから30分後。

30分をすぎれば、カフェイン濃度はどんどん下がります。

飲んだものが全部母乳に行くわけではないんですね。

多くても1.5%程度と思うと、ホッとします。

このことから考えると、ココアを4、5杯飲んだとしてもほとんど赤ちゃんに影響はありません。

赤ちゃん

カフェインが多いコーヒーでも1日3杯までは大丈夫と言われています。

ココアのカフェインはコーヒーよりはるかに少ないので安心です。

ただし、ココアの場合は他の成分のことを考えないといけません。

糖分のとりすぎに注意

ミルクココア1杯でお茶碗に入れたご飯1杯と同じぐらいの糖質が入っています。

ココア

糖質を摂りすぎると、消化・吸収するためにビタミンB群を大量に消費します。

糖質という側面から考えると、1日3杯以内にしておいたほうが安心です。

脂肪分のとりすぎは?

ココアの効果

本来、ココアは脂肪分が少ないものです。

ココアバターから脂肪分を取り除いたものが純ココア。

ただし、市販のココアには脂肪分や糖分が足されています。

例えば「森永ココア カカオ70」なら1杯(20グラム)あたり3.3グラムの脂質があります。

カカオが多い商品でもこれです。

普通の甘いミルクココアなら、もっと多くなるでしょう。

脂肪分を摂りすぎると、乳腺が詰まりやすくなると言われています。

乳口炎や乳腺炎の原因になりますので、脂肪分のとりすぎはよくありません。

特に私たち現代人の食事は脂肪分が多くなりがちです。

脂っぽい食事

脂肪分が過剰にならないためにも、ココアは1日3杯以内にしましょう。

ポリフェノール

健康効果が高いと言われるポリフェノール。

日本人の平均摂取量は、1000mg程度です。

理想は1500mgと言われています。

ちょっと不足気味ですね。

ココアとカフェイン

ミルクココア1杯で200mg前後のポリフェノールが入っています。

「森永ココア カカオ70」の場合は1杯(20グラム)で550mgも入っています。

ポリフェノールは普段の食材からも摂取できています。

2~3杯も飲めば、十分に不足分を解消できます。

ポリフェノールは抗酸化作用や、血行を良くするなど体に良い成分です。

でも、過剰摂取するとホルモンバランスが崩れると言われています。

ポリフェノールの摂取量から考えても、ココアは1日3杯までが適量です。

食物繊維に要注意

意外なことに、ココアは食物繊維が豊富な飲み物です。

市販のミルクココアなら、1杯の食物繊維は約1.7g前後。

人参1本で1.4g程度なので、それよりも多いんです。

便秘気味の人にはぴったりな飲み物です。

さらにココアは腸内の善玉菌を増やす効果もあります。

すごい飲み物ですね。

肌の善玉菌

ただし、注意点が一つ。

飲みすぎると下痢になりやすいです。

普通の食事にも食物繊維は入っています。

さらにココアで大量の食物繊維をとると、お腹がゆるくなりがち。

知恵袋などの口コミ情報を見てみると、ココア5杯以上飲めば高確率で下痢になるようです。

食物繊維が多すぎると必要な栄養の吸収率も下がります。

何でも飲み過ぎはよくないんですね。

他にもお腹がゴロゴロ鳴りやすくなったり、オナラが出やすくなったり…

ちょっと人前では恥ずかしいですね。

お腹のことを考えても、ココアは1日3杯程度が良いと思います。

まとめ

ココアは抗酸化作用もあり、便秘解消にも役立つ飲み物です。

カフェインは気にしなくても良いですが、飲み過ぎは厳禁。

1日3杯までにしておきましょう。

余談ですが、赤ちゃんの皮膚でお悩みの方。

私の友人の使っていた保湿剤は、赤ちゃんにとても優しいんですって。

詳しくは「赤ちゃんが舐めても大丈夫な保湿剤体験談」をご覧ください。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA