薬剤師でドラッグストア以外の求人を見つけたい人へ【非公開求人を狙え】

スポンサーリンク

先日、友人が「接客なしの薬剤師求人」を見つけた体験談をご紹介しました。

すると、このブログの読者様からこんなコメントが届きました。

「私はドラッグストア勤務です。今転職活動中なのですが、ドラッグストア以外の求人が見つかりません。」

今回は「ドラッグストア以外」にこだわってお話します。

非公開求人が狙い目

薬剤師

薬剤師は全国的に不足しています。

ただし、それはドラッグストアが増えたから。

「ドラッグストア以外」となると、意外と求人は少なめです。

ドラッグストアの求人が増えているのは、2つの理由があります。

・店が増えた

・待遇面の不満で離職率が高い(休みにくい・給料が低いなど)

ドラッグストア

もちろん、全てのドラッグストアがそうではありません。

いい待遇で働けるところもあります。

しかし、事実として薬剤師の求人はドラッグストアが多くなりがちです。

それでは、ドラッグストア以外の求人情報をどうやって探せばいいのでしょうか?

答えは「非公開求人」を探すこと。

薬剤師の転職サイト選びのポイントと言ってもいいでしょう。

非公開求人とは

非公開求人とは、転職サイトの運営会社が独自のネットワークで集めた求人情報です。

独自のネットワーク

企業や病院が求人情報を出す場合、2つの方法があります。

・広く一般に情報発信する

・付き合いの深い会社を通して募集する

非公開求人サイトは、2つ目に該当するもの。

運営会社が長年かけて積み上げてきた信頼をもとに、優先的に求人情報をゲットしたのです。

非公開求人情報には、3つの特徴があります。

・他の転職サイトに情報がない

・詳しい職場情報を知っている(運営会社が)

・待遇面で融通がきく

薬剤師転職サイトはいくつかありますが、非公開求人情報が多いか少ないかは重要です。

非公開求人に強いサイトはここが違う

非公開求人情報が多いサイトは、あなたに多くのメリットがあります。

・ライバルが少ない

・勤務先と条件面で交渉してくれる

まず、優先的に情報が入っているのでライバルが比較的少なめ。

競争

しかも、勤務先との条件面での交渉もサポートがつくことが多いです。

こういった転職サイトを利用すると、求人情報をもらう前に運営会社との個別面談が用意されています。

個別面談

個別面談は面倒だと思うかも知れません。

でも、この面談の中であなたの優先順位を伝えることができます。

もちろん、あなたの希望が全て叶うとは限りません。

でもあなた自身で勤務先と交渉するよりも、ずっと有利に交渉が進むのは間違いないでしょう。

・子育て中なので時間短縮したい

・休みを多めに確保したい

・介護しやすい勤務体系がいい

きっと、色々な希望があると思います。

よりよい環境で働きたいから転職先を探しているんですよね。

利用できるものは利用しちゃいましょう。

おすすめの転職サイトは?

転職

薬剤師の転職サイトでおすすめは?

私がこう聞かれたら、次の2つを紹介します。

一つ目はファルマスタッフ

ここは、非公開求人情報に力を入れている転職サイト。

他のサイトにはない情報が手に入りやすいです。

2つ目は【薬剤師の派遣・転職 お仕事ラボ】

豊富な情報量と、個別サポートが充実しています。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA