薬剤師1年目だけど転職したい!友人は理由を上手に説明して乗り切った

以前「会話が苦手な友人が接客なしの薬剤師」に転職したことをお話しました。

すると、当ブログを読んだ方からこんなコメントをいただきました。

「薬剤師1年目の新米です。転職したいのですが、不採用になりやすいですか」

実は友人も、就職1年目で転職しています。

どうやって転職したのか。

工夫した点をインタビューしてきました。

友人は転職理由を工夫した

友人は当初、ドラッグストアに勤務していました。

友人は内気で会話が苦手。

上手く接客ができないので、1年目に転職を決意したのです。

転職

転職するにあたって、友人が悩んだのが「転職理由をどう説明するか」です。

「接客したくないから」なんて言ってたら、印象が悪すぎですよね。

私が面接官だったとしたら、職場の空気が悪くなりそうだから絶対採用したくないです…

就職1年目で転職する人は、必ず面接で転職理由を聞かれます。

(志望動機とは別で)

ここからが友人のすごいところ。

「転職理由を上手く説明できれば、絶対に採用される」

弱点を、武器に変える工夫をしたのです。

まあ、転職サイトの担当者のサポートがあったからできたらしいんですけどね(笑)

後ろ向きから前向きに変換するべし

まず友人が取り組んだのは、後ろ向きな理由を前向きに変換すること。

ウソをついてもボロが出ます。

真実の中で、前向きな理由へと変えようとしたのです。

そもそも友人の理想は、黙々と研究をするような仕事。

そこで、転職理由をこうやって変換しました。

・会話苦手、接客は嫌だ

・社会人経験のために、あえて苦手な接客業を選んだが、研究職への思いを抑えきれず転職を決意した

いかがでしょうか。

どちらも「接客業は嫌だ」と言ってるのは同じです。

でも、かなり前向きな発言になったと思いませんか?

ポイントは、自分の弱点を認めることです。

人と会話するのは苦手だけど、克服する努力は惜しまない。

そんな姿勢を面接の中でアピールすることで、乗り切ったのです。

スキルのアピールは絶対にNG

面接

もし、あなたが薬剤師1年目で転職しようと考えているなら「絶対にしてはいけない」ことがあります。

それは業務経験のアピールです。

例えば「半年間、○○業務を担当したので知識はあります」とか。

はっきり言って、社会人経験をアピールするなら3年でも足りないぐらいです。

1年目のあなたがアピールできるのは「やる気」「意欲」だけです。

友人の場合も意欲をアピールしました。

もし友人が「接客業を経験したのでコミュニケーション能力には自信があります」なんて言っていたら採用されなかったでしょう。

「今の職場はこういう理由で選んだ。働いているうちに、違う思いに気づいた」

このような流れに持っていけば、前向きな転職理由を説明できるようになると思います。

意欲を面接官に伝えるために

「この会社で働きたい」

あなたが本当にそう思っていても、面接官に伝わらない可能性がありますよね。

面接官

意欲は目に見えないものです。

どうやってアピールすれば良いのでしょうか。

ポイントは2つ。

・会社の良い点を調べる

・調べる過程も含めて説明する

採用担当者が見ているのは「あなたが長く働いてくれるのか」という点です。

本気で働きたいなら、会社について調べますよね。

「手間暇をかけて、こんなに調べたんです」という事実をアピールすることが、あなたの意欲アピールにつながります。

情報収集で企業ホームページを見るのは初歩です。

ネットで収集した情報でも、アピールすることはできますよ。

ホームページ

単に「御社はこんな商品を販売していますよね」はNG。

誰でも1分で調べられる情報を言っても、アピールにはなりません。

そうではなくて「御社の発行している冊子で、商品開発の担当者エピソードを読みました。品質管理へのプロ意識に共感しました。」など、調査過程+内容で説明しましょう。

大事なのは手間暇かけて情報を集めているかどうか。

時にはお店に出向いたり、その会社が発行している冊子を読むのもありです。

深いところまでしっかり調べたというエピソードそのものが、あなたの意欲として伝わります。

転職サイトのサポートは予想以上

いかがでしょうか。

今、あなたは現在の職場が嫌で仕方ないのかもしれません。

その「嫌だ」という気持ち、上手に利用すればものすごいエネルギーに変わります。

1年目で転職するには壁がたくさんあります。

自分ひとりだけでは、躊躇してしまう気持ちもよく分かります。

私の友人も、最初から上手く行ったわけではありません。

転職サイトの個別サポートがあったから転職できたと言っていました。

応援

友人の体験談については「薬剤師で接客なしの求人は?【会話が苦手な友人の体験談】」をご覧ください。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA