化粧水の開封後の使用期限は?メーカーに問い合わせてみた

スポンサーリンク

化粧水の保存期間って気になりますよね。

私は安さ重視で、いつも大容量のものを買ってしまいます。

今使っているのも、半年前に買ったものです。

化粧水

ところで、開封後の化粧水には使用期限はあるのでしょうか?

今回、いくつかのメーカーに直接問い合わせてみました。

商品によって違うのですが、全体的な傾向が見えてきたのでまとめました。

一般的な使用期限

使用期限は保存方法などで変わります。

まず、一般的な期限をまとめるとこうなります。

防腐剤入り:半年~1年

防腐剤なし:1ヶ月~3ヶ月

未開封の化粧水なら、3年間は品質が落ちないものがほとんど。

でも開封後となると、話は違います。

化粧水の大部分は、水でできています。

開封して外の空気に触れると、腐り始めるのです。

季節によって変わる

開封後の化粧水の使用期限は、保存している環境で大きく左右されます。

通常の食品と同じように、季節によっても変わります。

夏と冬で比べてみましょう。

夏と冬に開封して、常温保存した場合の目安はこうです。

●夏に開封した場合

防腐剤入り:3ヶ月~半年

防腐剤なし:1ヶ月~2ヶ月

●冬に開封した場合

防腐剤入り:夏が来るまで

防腐剤なし:2ヶ月~3ヶ月

夏に開封して常温保存した場合、冬の倍近いスピードで劣化します。

保存場所で変わる

冷蔵庫

開封後の使用期限は、季節だけでなく場所でも変化します。

例えば、冷蔵庫で保存すれば1年使える化粧水の場合。

場所を変えると、使用期限にこのような差がでます。

冷蔵庫:1年

日の当たらない+湿気少ない場所:半年~10ヶ月

お風呂場・洗面所など湿気が多い場所:3ヶ月~半年

冷蔵庫で保存すれば1年もつ化粧水。

お風呂場や洗面所では半分以下になることがあるのです。

私の場合は、洗面所に置きっぱなしでした。

あまりいい保存環境ではありません。

開封後の化粧水

事例では防腐剤入りの化粧水を想定しました。

これが防腐剤なしの化粧水なら、もっと大変です。

防腐剤なしの化粧水をお風呂場や洗面所に放置すると、1ヶ月で品質が悪化することもあります。

定期購入の化粧水は保存期間が短め

要注意は定期購入でしか買えない化粧水。

毎日使うことを前提にしているので、薬局で売ってるものより期限が短めのものが多いです。

通販をよく利用する人は、古いものは捨てましょう。

化粧水が劣化するってどういうこと?

「化粧水は古くなると劣化する。」

具体的に、化粧水の中で何が起きるかご存知ですか?

化粧水の劣化は、大きく分けて3つの原因が考えられます。

・酸化

・カビ

・雑菌

一つ目の酸化。

これについては、そこまで怖がる必要はありません。

化粧水は抗酸化作用を重視した商品が多いです。

お肌を守るための機能ですが、化粧水の品質維持にも役立ちます。

怖いのは、カビと雑菌です。

菌のイラスト

美容に良い成分は、カビや雑菌の栄養源にもなります。

やはり注意したいのは、防腐剤なしの化粧水。

・防腐剤なし

・化学添加物なし

・オーガニック

・天然成分100%

こういった単語で宣伝されている化粧水は、雑菌やカビにとっても天国。

もし、あなたの化粧水にカビや雑菌が繁殖していたら…

肌を守るつもりで、カビや雑菌を顔に塗りつけることになりますよね。

菌

劣化した化粧水の見極め方

化粧水が劣化がしているのか?大丈夫なのか?

見極める方法は、とても難しいです。

見た目は大きな変化が起こらないことが多いです。

開封後の化粧水

成分が分離して、色が変わった場合は100%アウト。

捨てましょう。

あとは臭いの変化でしょうか。

ただし、臭いで見極めるのも正直難しいです。

変な臭いにはならず、微妙な変化しかしない場合が多いです。

新品と比べてみて、初めて違いに気づくこともよくあります。

安全に使うには、開封後の期間で決めるのが1番です。

カビ・雑菌が繁殖した化粧水を使うとどうなる?

仮に化粧水にカビや雑菌が増殖していた場合どうなるでしょうか?

もしあなたの肌の防御機能が高いなら、何も起きません。

私たちの肌には、常に外からの雑菌がやってきています。

対応できる範囲内であれば、何も症状は起きないのです。

問題はニキビができやすい人です。

冬の肌トラブル

もともとニキビや肌荒れが起きやすい人は、さらに症状が悪化することがあります。

週に1個ニキビができる人なら、倍に増えることもあります。

発生したニキビも、治るのが遅くなったり、跡が残りやすくなります。

ニキビ跡

さらに注意したいのがカビです。

カビの胞子が大量に顔につくと、ひどい炎症が起きる場合もあります。

暑くなると肌荒れがひどくなる人は、顔カビが原因かもしれません。

心当たりがある人は「顔カビ・顔ダニの症状の違い」をご覧ください。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA