弓道とオリンピックの関係【アーチェリーとの違いとは】

スポンサーリンク

弓道をやっている人なら、アーチェリーにも興味があると思います。

「なんで弓道はオリンピック種目にならないんだ?」

誰もが一度は疑問を持ちますよね。

実は、弓道でオリンピックに出場することは可能です。

ただし、アーチェリーのルールで戦うなら…

それでも良いから弓道家として出場したいですか?

やめたほうがいいですよ。

弓道とアーチェリーは全く別世界です。

過去に世界選手権に出場した選手がいた

アーチェリーの弓に関するルールは比較的単純です。

基本的に照準器(サイト)を二つ付けなければ形状は問われません。

和弓でも問題なく出場可能です。

1967年の第24回アーチェリー世界選手権に、

宮田純治選手が出場しています。

弓は弓道の和弓、矢はアーチェリーに対応するために改造した特別製。

アーチェリーは距離が70mや90mで競いますので、普通の弓道の矢では無理なのです。

弓道とアーチェリーの違い

当時、宮田選手が出場した背景には、

オリンピック競技化を目指す弓道協会の思惑があったとか…

当国際連盟への加盟権を巡って

全日本弓道協会と日本アーチェリー協会が争っていたそうです。

しかし、宮田選手は129人中129位で惨敗。

弓道協会のオリンピック競技化への野望は絶たれてしまいました。

弓道とアーチェリーの大きな違い

私は弓道もアーチェリーもやったことがあります。

こう言ってはなんですが、

弓道とアーチェリーは江戸時代と現代ぐらい違います。

はっきり言ってカルチャーショックでした。

道具の進歩をとめた弓道と、進化し続けたアーチェリー。

この差はとてつもなく大きいのです。

アーチェリーの距離は90m、70m、50m、30mの4つがあります。

そして、90m、70mで使われる的がこちら。

弓道とアーチェリーの違い

直径122センチ。

的の黄色の部分「金的」は直径24・4センチです。

上級者になると、95%以上を黄色の部分に的中させないとメダルには届きません。

弓道をやっている人ならその凄さが分かるのではないでしょうか?

弓道の的は36センチです。

アーチェリーの人たちは、90m先から弓道の的を正確に射抜けます。

初心者にも易しいアーチェリー

弓道を初心者に教えるのは一苦労ですよね。

前に飛ばせれば上等。

サポート無しで射ることはほぼ不可能です。

kyudo09212

ところがアーチェリーは、初めてでも前に飛ばせます。

弓道と違って、弓に矢をセットする場所があるから矢がこぼれません。

弓道とアーチェリーの違い

私が初めてアーチェリーの弓を引いた時、

1射目から30m先の的に的中しました。

アーチェリーには照準もついてるし、バランサーもついてます。

ややこしい手の内の必要もありません。

的に当てるだけなら、とても簡単なのです。

弓道とアーチェリーの違い

アーチェリーは30mの距離なら、2年程度のキャリアの人が、りんごを8割以上射抜けるそうです。

それでも私は弓道が好き

アーチェリーでは矢所を確認するためにスコープが必要なほど離れています。

精度だけで比べるなら、弓道はアーチェリーに絶対勝てません。

弓道とアーチェリーの違い

でも、私はやっぱり弓道のほうが好きですよ。

両方経験してみて、1番違うと感じたのは場の空気でした。

アーチェリーは純粋なスポーツです。

試合の緊張感は同じですが、荘厳さはありません。

とてもカジュアルで、肩肘張らない印象でした。

kyudou112605

弓道をやっている人は、一度はアーチェリーも経験してみると楽しいですよ。

弓道の魅力に気づけると思います。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA