クリスマスカードの勘定科目は?1番簡単な経理処理方法

ビジネスをしている人で、お客様にクリスマスカードを出すことがありますよね。

クリスマスカードはいい宣伝になります。

ところで、クリスマスカードの勘定科目はどうしますか?

いくつか処理方法があるので簡単な方法をご紹介します。

交際費は避けよう

お客様との付き合いを深める目的だから交際費?

こんな風に思う人もいるかもしれません。

でも、交際費として処理するのはやめましょう。

そもそも不特定多数に送るクリスマスカードや年賀状は交際費には当てはまりません。

仮にクリスマスカードに特別な価値(商品券など)を付加するなら別ですが、そうでなければやめましょう。

交際費の金額が大きくなると税務調査がしつこくなるし、税金面で不利になることもあります。

クリスマスカードの性質的にも違うし、金銭的にも交際費で処理するのはメリットがありません。

通信費で処理するのが手っ取り早い

1番簡単な方法は通信費で処理する方法です。

経理

はがきも通信費ですよね。

クリスマスカードもそれと同じ扱いにすると、処理が簡単になります。

クリスマスカードの印刷を外部に発注している場合も、通信費で構いません。

郵送代と合わせて通信費として処理すれば仕訳が1回で済みます。

広告宣伝費にしてもOK

基本的には通信費が1番無難ですが、宣伝広告費として計上しても構いません。

普段から定期的に顧客にダイレクトメールを送っているなら、クリスマスカードもその一種と考えて処理します。

勘定科目は「こうしなければならない」と厳密な決まりはありません。

通信費、広告宣伝費、どちらでも大丈夫です。

一度決めたら、翌年以降も同じ勘定科目で処理しましょう。

通信費と広告宣伝費を厳密に分けるメリットは、宣伝の費用対効果をより正確に見直す材料になること。

今後の事業を見据えて、広告宣伝費が拡大しそうならクリスマスカードも広告宣伝費に計上すると良いでしょう。

消耗品費は仕訳が二度手間になる

クリスマスカードの仕訳を消耗品費として処理しても構いません。

でも消耗品費で処理すると、郵送代を通信費として分けて仕訳する必要があります。

個人事業主

仕訳が2つに増えてしまうので、二度手間です。

最初から通信費にしてしまうほうが簡単です。

ところでマイナンバーの管理は大丈夫ですか?

これからの時代、個人事業主でもマイナンバーの管理を徹底しなければなりません。

分からないからと適当な管理をしていると、重い罰則もあります。

単なる罰金だけでなく、懲役刑まであるんですよ!

ちょっと戸惑ってしまいますよね。

マイナンバー

特にアルバイトを雇う人、家族を従業員として計上している人は要注意。

知らなかったで責任逃れはできません。

マイナンバーはいつ・誰が・どの用途で使用したか管理台帳に記載する必要があります。

さらにはマイナンバーを記載しているデータの管理、紙ベースなら金庫も必要です。

はっきり言って、結構大変です。

もし管理に自信がないなら、外部に委託する方法もあります。

少額でお任せできるので、一から勉強して管理するよりも手軽で安心ですよ。

詳細については下記リンク先をご覧ください。
↓↓↓↓
マイナンバーをエクセルで管理してもいいのか?

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA