プチ断食でなぜ宿便が出るのか【宿便の正体とメカニズム】

最近はプチ断食が流行ってますねえ。

「プチ断食をするとデトックス効果がある」

「宿便が出て腸がスッキリする」

こういう話を聞いたことがあると思います。

でも、食べてないのに便が出るってなんだか不思議?

宿便の正体

私たちが出す便ってどんなものなのでしょうか?

普段出している便の内訳は、

食べかす(食物繊維含む)20%
体内の老廃物・消化器官の古い細胞40%
腸内細菌の死骸と毒素40%

これが便の内訳です。

プチ断食で出てくる宿便は、

体内の老廃物や腸内細菌の死骸や毒素ということになります。

体内の細胞は常に新陳代謝を行っていて、

小腸の内側の細胞は2日に1回、

胃や大腸の壁は5~6日で入れ替わります。

全く食べていなくても新陳代謝は行われますので、

生きている限りは便は作られ続けるんです。

プチ断食でなぜ宿便が出る?

宿便の正体はわかったけど、

食べるのをやめたら宿便が排出されるのはなぜ?

便秘解消・腸内環境を整えたい人には気になりますよね。

これには、2つの理由があるんです。

chou1

まず一つ目の理由は、

食べたものを消化することがなくなると、

消化器官が排出することに集中するのです。

食べるという行為にはエネルギーがかなりかかります。

食べ物は、体にとっては異物。

それを分解し、有害なものは免疫細胞でやっつけて、

そして次の器官へと送り込む。

フードファイターで痩せている人が多いのは、

短い時間でたくさん食べたものを消化するために

エネルギーをたくさん使ってしまうからなんですね。

そしてもう一つの理由が、

腸内細菌の活動が減少すること。

腸内細菌

腸内細菌は、私たちが食べたものを栄養にしています。

当然、私たちが食べることをやめれば

腸内細菌にも栄養が届きません。

善玉菌も悪玉菌も活動が弱まるのですが、

悪玉菌が多い人にとっては

毒素を出す悪玉菌の活動が弱まるので、

腸の負担が一時的に減少するんです。

プチ断食はあくまでリセット

プチ断食で宿便が出たからといって、

腸内環境が正常化したわけではないんです。

溜まっていた老廃物が外に出たことで、

「これから腸内環境を整える準備ができた」状態です。

プチ断食終了後は、ヨーグルトや食物繊維をたっぷりとって

腸内環境をよくする努力をしてこそ、

プチ断食は効果を発揮しますよ♪

>>プチ断食で宿便が出る人と出ない人の違いとは

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA