えごま油とえごまパウダーの違い【効果や成分に差があるのか】

テレビで放送されてから、えごま油の人気が続いていますねえ。

オリーブオイルのように定着するかもしれません。

ところで、えごまにはパウダーがありますよね。

成分や効果に違いがあるのでしょうか。

スポンサーリンク

えごま油とえごまパウダーの成分の違い

まず、えごまパウダーとは何か。

えごまパウダーはえごまの種子から油を絞った後に残ったものです。

えごまパウダー

こういうとあんまり栄養が残ってなさそうですが調べてみてビックリ。

えごまパウダーの利点がたくさん見つかりました。

まず、えごまで一番大事なα-リノレン酸。

認知症予防や血管年齢の改善、美肌効果などで注目された成分です。

>>テレビで放送された効果についての記事はこちら

えごまパウダーには油分が20%含まれたまま残っています。

えごまオイルを直接食べるよりは減ってしまいますが、

それでも他の食品よりも何倍も効率よくα-リノレン酸をとることができます。

α-リノレン酸の量ではえごま油のほうが多いですが、

えごまパウダーは油以上にカリウム、カルシウム、マグネシウム、鉄分、亜鉛が豊富に含まれています。

そして、食物繊維も豊富です。

総合的な栄養バランスではえごまパウダーのほうが優秀だと思います。

えごまパウダーのほうが栄養が劣化しにくい

以前、えごま油は扱いが難しくて、使い方を間違えやすいというお話をしました。

>>えごま油の落とし穴についての記事はこちら

その時にもお話をしたんですが、えごま油は酸化しやすい油です。

長期保存が難しいのに加えて、加熱するとα-リノレン酸が失われてしまいます。

料理の最後にふりかけるぐらいしかできません。

毎日食べようと思うととても扱いづらい油なんですよねえ。

ところが、えごまパウダーだと長期保存しても成分が劣化しにくいんです。

熱への耐性も上がるので、油ほど気を使わずに料理に入れることができます。

地元の人は油よりもパウダーをよく使っていて、

和え物にしたり、お鍋や味噌汁に入れたりして日常的に食べています。

香ばしい風味が和食によく合うんですよねえ。

気軽に何にでもふりかけて食べられる点で油よりもおすすめだと思います。

コーヒーも飲めば血管年齢は衰え知らず!?

えごま油やえごまパウダーは抗酸化作用、若返り効果が一番の魅力ですよねえ。

特に血圧が高めの人には、血管年齢を若返らせてくれる効果は嬉しいです。

実は、えごまと合わせて毎日飲みたいのがコーヒーなんです。

私自身、血管年齢が実年齢より20才以上高かった時期があったんですが、

お医者さんのアドバイスで改善したことがありました。

>>コーヒーと血管年齢の話はこちら

ちなみに、コーヒーにえごまパウダーを入れると合いません(笑)

えごまパウダーは料理にプラスしたり、ふりかけ代わりにご飯に入れるのが一番だと思います。

 


 

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA