肌断食で失敗【乾燥やニキビが悪化して逆効果だった人へ】

スポンサーリンク

今この記事をみているあなたは、

・肌断食に挑戦して乾燥肌やニキビが悪化した人

肌断食に挑戦するか悩んでいる人

このどちらかだと思います。

そんな人たち向けに、お肌の状態を改善する方法についてお話します。

10代の頃の肌質はどうだった?

まず肌断食についてお話する前に、自分が10代の頃のお肌がどんな状態だったか思い出してください。

学校

小学生や中学生、高校生の頃にニキビや肌荒れがひどかった人は、肌断食は100%失敗します。

肌断食はお肌をリセットして肌本来の機能を復活させるもの。

もともとお肌が荒れやすかった人が肌断食をしても綺麗になりません。

残念ながら、万能ではないんです。

現在の状態をチェック

今、あなたのお肌の状態はどんな状態でしょうか。

おでこや鼻のTゾーンや、アゴのUゾーンが脂っぽくて、ほっぺたはカサカサ、ゴワゴワしているんじゃないですか?

ニキビができやすいTゾーンやUゾーンを一生懸命に洗っている人も多いですが、これが間違いなんです。

洗顔

TゾーンやUゾーンが脂っぽいのは、ほっぺたなどの肌が乾燥しているからなんです。

体は皮膚の乾燥を防ぐために皮脂を分泌するんですが、乾燥している部分だけにピンポイントで分泌することができません。

ほっぺたの皮脂が足りないから、皮脂を出しやすいTゾーンやUゾーンで皮脂を分泌してなんとか乾燥を防ごうとしています。

ニキビや肌荒れケアは、まず自分の肌のどこが乾燥しているかを知ることが重要です。

冬の肌トラブル

ほっぺた、こめかみ、耳、首筋などが乾燥していると、TゾーンやUゾーンで余分な皮脂をドンドン作ってしまいます。

乾燥しやすい場所を徹底的に保湿することで、TゾーンやUゾーンの余分な皮脂の分泌がなくなってきます。

肌断食で失敗する人のパターン

肌断食で失敗する人に共通するパターンを知っていますか?

・生活習慣の改善をしない

・ある日突然、スキンケアをやめる

肌断食で泣く人には、このような共通点があります。

肌断食を試したくなっても、いきなり化粧品やスキンケアをやめてはいけません。

・使う量を徐々に減らす

・使用するケア用品の種類を減らす

少しずつ少しずつ、ナチュラルな状態に持っていくのがおすすめです。

もともと肌が荒れやすい人は、肌の善玉菌を増やすことも考える必要があります。

肌の善玉菌についての詳細は、「善玉菌でぼこぼこ肌改善」をご覧ください。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA