こどもが風呂上がりの保湿クリームを嫌がる【解決方法があった】

子育て中の友人に久しぶりに会ってきました。

今、5才の娘さんがいるんですが、子どものパワーには圧倒されます(笑)

女の子

この友人と最後に会ったのは3年前。

当時はまだ娘さんが小さくてもっと大変な時期でした。

「娘の手とか足とか、私よりも乾燥してガサガサなの。」

「お風呂あがりに保湿クリームを塗ると大泣きして嫌がる」

こんな悩みを打ち明けてくれたのを覚えています。

冬の肌トラブル

今回も娘さんの話題になったのですが、「いい解決方法を見つけたから今は大丈夫なの」と言っていました。

今回は、同じような悩みを持つ人向けに友人の解決方法をお話します。

真似っ子は親から塗ろう

嫌がる子に、「塗らないとかゆくなるよ」と言っても納得しないですよね。

泣く女の子

もし、子どもが何でも真似したがる子だったら「ママとおんなじでお化粧だよ~♪」って声をかけると嫌がらなくなる場合があります。

最初に親が顔に保湿クリームを塗る姿を見せるのがポイント。

真似したくなるようです。

私の友人の娘さんは、1週間後に嫌がる状態に戻ったらしいですけどね(=o=;)

アンパンマンの出番です

真似っ子作戦がうまくいかなくなると、アンパンマンの力を借りて乗り切ったことがあったそうです。

①お風呂からでて、体を拭いてそのままテレビ前に直行

②すかさずDVDでアンパンマンを見させる

③夢中になっている間に塗れるだけクリーム塗っちゃう

困ったときにはアンパンマン。

それでも嫌がる子もいるし、大人しくなる子もいます。

試してみてくださいね。

どうしても嫌がるなら敏感肌用の入浴剤がおすすめ

最後は、逆転の発想です。

「保湿クリームを塗らなくてすむ方法」があれば、子どものご機嫌をとる必要もないですよね。

私の友人は、子どもに合う保湿効果の高い入浴剤を探しました。

それからは、クリームを塗らなくてよくなったそうです。

親子でお風呂

友人が使っているのは「みんなの肌潤風呂」という入浴剤です。

敏感肌やアトピー気味の人でも使える入浴剤で、小さな子のお肌にも優しいんですって。

入浴剤のいいところは2つ。

・お風呂あがりに子どもにクリームを塗らなくていい

・一緒に入ってる親も保湿できる

自分のお手入れをする余裕がない!

そんな人には一石二鳥です。

 
>>みんなの肌潤風呂の詳細はここ

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA