背中が痒い原因と対策【冬の乾燥は風呂上がりに起きている】

寒くなってきましたねえ。

毎年冬になると、お肌の痒みに悩まされる人は多いです。

私も毎年痒くなります。

顔も気になりますが、

無視できないのが背中のかゆみ。

お風呂から上がって寝る頃に痒くなるから寝たいのに寝れない!なんて日もありました。

脱衣所で背中が一番乾燥する

背中が一番乾燥しやすい場所ってどこでしょうか?

調べてみると、なんと脱衣所だったんです!

脱衣所

湯上り直後が一番危険。

お風呂で皮脂を洗い流しているうえに、体が濡れています。

脱衣所ではどんどん肌の表面のお湯が蒸発していくのですが…

このとき、皮膚に必要な水分まで一緒に蒸発しちゃうんですって!!

肌の水分量はお風呂から出て5分で入浴前の状態になり、

20分後には入浴前より30%も水分が少なくなります。

つまり、勝負はお風呂から出て5分。

この間に、出来る限り保湿してお肌に水分を蓄える必要があります。

風呂上がりの乾燥を防ぐ方法

入浴直後の乾燥肌を予防する方法をいくつかご紹介します。

お金をかけずにできる方法としては、

脱衣所ではなく浴室内で服を着ること。

浴室内は湿度が高いですから、

お肌の乾燥が進むことがありません。

お風呂あがり

でも、ちょっと暑いのが難点^^;

お風呂上がりってしばらくは汗ばむので慣れるまでは不快かも。

バスローブがあれば、

お風呂あがりにすぐ着れば乾燥を和らげることができます。

あとは、乾燥肌専用入浴剤

乾燥肌専用の入浴剤は体に優しく、保湿効果が高いので敏感肌体質の人には効果ありです。

入浴剤のいいところは、面倒なボディケアがいらないこと。

保湿を嫌がるお子さんでも保湿ケアができるんです。

詳しくは、「子どもが保湿クリームを嫌がる」をご覧ください。

乾燥肌専用入浴剤は顔の肌荒れにも良い

私も乾燥肌専用の入浴剤を使ってるんですが、

顔の肌の調子も良くなりました。

特に首やアゴの肌が綺麗になってきたように感じるんです。

お風呂あがりの乾燥を防げるから、肌のダメージが減ってるんです。

お風呂から上がってしばらくしたら、顔がつっぱって不愉快だったあの頃とは大違い。

めんどくさがりこそ、入浴剤選びが大事だなって感じてます。



スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA