りんご病と化粧の話【敏感肌・乾燥肌は完治後のケアも大事】

以前、私が大人のりんご病になってしまったことをブログで書いたところ、こんな質問が届きました。

「りんご病のときって化粧しても大丈夫なの?」

今回はりんご病中の化粧についてお話します。

りんご病中のお化粧

リンゴ病はウイルス感染によるものです。

大人の場合、顔に発疹ができたり赤くなることは少ないので、お化粧も大丈夫です。

でも、もともとアトピーだったり、敏感肌体質の人は違います。

もともと刺激に弱いお肌の上、

さらにりんご病で弱っていますので

できるかぎりお肌の刺激は避けたほうがいいです。

かゆみがきつい場合は、病院で抗ヒスタミン剤が処方されます。

完治後のアフターケア

リンゴ病イメージ

私はもともと敏感肌体質だったせいか、

リンゴ病が治ってからもお肌の不調が続きました。

治ってから1ヶ月間くらいは、

かなり乾燥しやすくなったんです。

敏感肌・乾燥肌体質の人は、

リンゴ病になったら保湿を入念にする覚悟をしておいてください。

日焼け止めは塗ったほうがいい

りんご病になると、

化粧や日焼け止めを塗るのをためらってしまいますが、

日焼け止めは塗ったほうがいいです。

日焼け止めの刺激よりも、紫外線の刺激のほうがお肌は強く反応します。

私も日焼け止めは塗っていましたが、

敏感肌用の日焼け止めなら塗って発疹が悪化することもなかったです♪

肌トラブルが増えてきたら美肌菌を育てよう

りんご病に限らず、お肌の悩みって尽きないですよね。

最近、肌トラブルが増えていませんか?

肌荒れしやすい人としにくい人の差は、体質だけではありません。

お肌に住む菌やダニ、カビなどの勢力図が、肌のコンディションを左右します。

詳細については「顔カビと顔ダニの症状の違い」をご覧ください。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA