弓道の立ち順の決め方はどうしてる?私が実感した試合での役割とは

昨日、当ブログにこんな質問が届きました。

「試合での立ち順ってどう決めるのが正解ですか?

私の学校では的中率が高い人から、落ち→大前→落ち前→中→2番です。」

あくまで私の個人的な意見ですが、立ち順の決め方はレベル別で考え方を変えるべきだと思います。

詳しくみていきましょう。

スポンサーリンク

レベル別で決め方を変えるって何?

一般的によく聞くのは、落ちが最強説でしょうか。

最も的中率が高くてプレッシャーに強い人を落ちにします。

次に的中率が高い人が大前。

つまり、最初に質問していただいた人と同じ決め方ですね。

確かにこれが王道だと思います。

ただし、この決め方はある程度実力のある人たちでチームを組む場合に有効です。

もっと低いレベルの場合は、違う決め方をおすすめします。

的中率7割以上を安定して出せるような強い人が集まった立ちと、5割以上をめざす人の立ちでは期待する役割が違ってくるのです。

強い人で組む場合は、個人としても団体としても優勝争いに関わるはず。

切迫した状況を想定して立ち順を決める必要があります。

的中率5割~7割前後をウロウロしている人や、もっと低い的中率の人の立ちで大事なのは勢いです。

状況に合わせるより、勢いが加速しやすい順番を決める必要があります。

強いチームの立ち順の決め方

弓道

まずは強い人で組む場合の立ち順の決め方です。

的中率の高い人から、このように決めるのがおすすめです。

落ち

大前

落ち前



2番

よく聞くオーソドックスな決め方ですね。

2番と落ち前については、入れ替わることもあります。

上級者の集団ほど、落ちに期待する役割が大きくなります。

なぜなら、落ちの最後の1本が勝負を決する…なんていう状況がよくあるからです。

弓道

弓道の団体戦では、ぶっちぎりの優勝という状況は少ないです。

大抵の場合が1本か2本差の接戦。

そうなると、最後の立ちの落ち前や落ちの1本が、まさに運命を分ける1本。

このプレッシャーは強烈です。

色々な思いが頭の中をグルグル駆け回ることでしょう。

勝敗を決する1本を任せられるのは、やっぱり日頃から的中率が高くて精神的に強い頼りになる人です。

安心感が違います。

確かに大前も大事です。

先陣を切って立ち全体の勢いを作るのは大事な役割ですが、上級者の集団なら悪い流れを断ち切れる人がいっぱいいます。

そう考えたときに、やっぱり落ちから立ち順を決めるのが合理的なのでしょう。

的中率5割をめざす立ち順の決め方

弓道

次は、的中率5割前後をウロウロしている人や、もっと的中率が低い人で立ち順を決める場合です。

(たまに7割中てる波が大きい人も含みます。)

的中率の高い人から、このように決めるのがおすすめです。

大前

2番



落ち前

落ち

シンプルに、的中率が高い人から順番に並べる方法です。

的中率が不安定な人は、周りの状況に引っ張られることがよくあります。

だからこそ、少しでも早く勢いをつける必要があるのです。

外れ、外れが止まらない…

こういう立ちは見ていて辛いですよね。

でも逆に、いきなり皆中を出しちゃう人もいます。

そういう人が1人いると、後ろの人もドサクサに紛れて半矢や3中してたりします。

弓道

少しでも早く、引きやすい状況を作りたい。

だからこそ、的中率が不安定な人の集団は大前と2番を重視すべきです。

落ちが最強説の根拠を肌で感じた瞬間

私が立ち順の役割をハッキリと意識したのは、高校2年生の秋でした。

所属していた弓道部は、公立の弱小校。

個人で県大会に進むのが精一杯だったので、チームの一員としての役割を実感したのは遅かったように思います。

そんな私ですが、高2の秋になって考えが一変します。

力をつけた私のチームが、県予選で大健闘したのです。

勢い任せに的中を重ねて、最後の立ちの結果次第で「近畿高校弓道選抜大会」に団体で出場できるという状況まで来ていました。

団体での出場が決まれば、学校史上初。

ものすごく盛り上がったのを覚えています。

ただし、プレッシャーも相当なものでした。

ちょっと記憶があやふやなのですが…最後の立ちで3人の合計が8中以上が勝利条件だった気がします。

2人が3中、1人が半矢すればOKという計算になりますね。

最後の立ちの出だしは好調でした。

大前だった私が先陣を切って的中。

その後の2人も的中、的中で続きます。

「これはいける!」

弓道

そう思ったのも、つかの間。

次に私が放った矢は、外れてしまいます。

しかも、後ろの二人も連続で外してしまいました。

あの時の私は、きっと青ざめていたと思います。

おそらくこのときが、大前の役割を本当に自覚した瞬間だったのかもしれません。

弓道の試合

それでもなんとか気持ちを立て直し、私は4射3中で終了。

中の人も4射3中。

落ちの人は、苦しんでいました。

最後の1射を残した時点で1中。

ラスト1射を外せば、近畿大会への出場は消えてしまいます。

このとき私は見てしまいました。

落ちの人の手が震えていたのです。

弓道の弓を中古で買う

退場しながら、ちら見しただけの私でさえ鳥肌が立ちました。

落ちは勝負を決する1射を担う。

その役割の重さを、肌で感じとったのです。

落ちは大前とは違い、流れを自分で作ることができません。

全てを受けとめ、決着をつける。

落ちを重視する意味が、やっと分かりました。

ちなみに、落ちの人は見事にプレッシャーに勝利。

3人で近畿大会に進むことができました。

実績重視か最近の調子か?

立ち順を決めるとき、難しい問題があります。

・普段の的中率を重視するか

・直近の調子や勢いを重視するか

これは難しい問題ですよね。

私なら、こう考えます。

大前:直近の調子を重視

落ち:普段の的中率や実績重視

落ちには信頼感も大事です。

特に上級者の集団になるほど、信頼感が物を言います。

勢いがある人は、先陣を切ってもらうと立ち全体が盛り上がります。

ややリスキーではありますが、ハマれば強いです。

どのポジションでも道を切り開け

いかがでしょうか。

立ち順の決め方には色々な考え方があります。

今回お伝えした決め方が全てではありません。

ただ、最後に一つだけお伝えしたいことがあります。

「仲間のせいにせず、仲間を思いやる気持ちを忘れずに」

どんな立ち順になろうとも、決して他人のせいにしないでください。

だからといって周りを無視するのも違います。

弓道は孤独なようで、大勢の人が応援してくれています。

戦友とお互いを高めうのも、弓道の醍醐味ですよ。

スポンサーリンク