草刈りを立ったままできる道具を探してみた!使いやすいのはこれだ

草刈りって本当に大変ですよね。

しゃがんで作業すると、足や腰が重くなってグッタリ…

せめて、もう少し楽に草刈りしたい!

今回は立ったまま草刈りするための道具を探してみました。

「これだ!」と思うものが2つあったのでご紹介します。

鎌は使い勝手が悪いぞ

草刈りと言えば鎌ですよね。

立ったまま使える長柄の鎌もホームセンターなどで見かけます。

草刈りを立ったままする道具

でも、単に柄を長くしただけの鎌はおすすめしません。

広い場所で使うならいいのですが、家の周りの草を刈るには使いにくいです。

狭い場所で使おうとすると、上手く刈れなくてイライラしますよ。

特に壁の近くの雑草を刈りたい場合、上手くできずに結局座って作業するハメになってしまいがち。

単なる鎌よりは、土の表面ごと草を削りとる三角ホーのほうがまだ楽です。

とは言え、これらの道具を使っても疲れます。

しゃがみ込んで草を刈るよりは楽ですが、劇的に楽になるわけではありません。

エンジン付きの草刈り機は腰痛持ちには辛い

草刈り機といえばエンジン付きの草刈り機ですが、腰痛持ちはやめたほうが良いですよ。

余計に腰が辛くなります。

立ったまま草刈りする道具

確かにパワーは抜群なのですが、重い!

6kg~10kgぐらいはあるので、使い続けると重さでバテます。

住宅街で使うには騒音の問題もあるので、よほど広い場所で作業するのでなければ避けましょう。

エンジン付きよりも、電動の草刈り機のほうが使い勝手がいいと思います。

手軽で使い勝手がいいのはこれ

それでは、立ったまま草刈りするには何がおすすめなのか?

まず一つ目は手動で草刈りする道具です。

「車輪付き立草刈ばさみ」

車輪付き立草刈ばさみ

鎌ではなく、はさみでチョキチョキ草を刈る道具ですね。

車輪がついてるので、持ち上げる必要がありません。

コロコロと手で押しながら草刈りできます。

あとは、切りたいときに手元のグリップ部分を握れば楽に切れます。

立ったまま草刈りする道具

刃の角度調整もできるから、ちょっとした斜面など状況に合わせて使うこともできるのが嬉しいポイント。

重さは760グラム。

1kgもないので、とても楽です。

車輪付き立草刈ばさみの詳細はこちら

エンジンなしの草刈り機が楽

やっぱり手作業より機械で作業したい!

そんな人にはこれが楽です。

「刈ってミーナデラックス」

立ったまま草刈りする道具

…名前はちょっと変ですけど、実力は本物です(笑)

この草刈り機は、いわゆる電動草刈り機。

バッテリーとモーターで動くタイプで、エンジンはありません。

エンジン付きの草刈り機との違いは、軽さです。

刈ってミーナデラックスは1.5kg。

エンジン付きの草刈り機と比べると1/3ぐらいの重さなので、腰痛持ちでも使えると思います。

刈ってミーナデラックス

この草刈り機にも車輪がついてるので、持ち上げずに手で押しながら作業できますよ。

刈ってミーナデラックスの詳細はこちら

スポンサーリンク