オクラの花言葉の由来は?なぜ恋の病なのか

スポンサーリンク

オクラの花って綺麗ですよね。

花言葉を調べてみると「恋の病」「恋によって身が細る」なんですって。

え、なんで?

オクラって健康的なイメージなのに、なぜこんな花言葉なのか?

由来が気になったので調査してみました。

花言葉の由来は?

オクラの花言葉の由来

オクラの花言葉の由来を調査してみると、アメリカなどの英語圏が発祥になっているようです。

もともとオクラは英語でもokraなのですが、別名があります。

その名も「レディースフィンガー」

実が女性のスラリとした指先に似ているということで、女性の指に例えられたのです。

ここから恋へとつながっていきます。

オクラの花言葉の由来

ここまでは良いですよね。

問題は「病」とか「身が細る」はどこから来たか?

これはオクラの変化が激しい生態から発想されたようです。

オクラの激しい変化とは?

オクラは綺麗な花を咲かせます。

この花、どれぐらいの期間咲くと思いますか?

オクラの花言葉の由来

1日持たないんですって。

ほとんどの場合、その日のうちにしぼみます。

だいたい、夜から早朝にかけて咲いて夕方にはしぼむことが多いそうです。

オクラの花言葉の由来

さらに、私たちが食べている実の部分。

ここも変化が激しいです。

オクラの身は花がしぼんだ後、急速に発達します。

開花後、1週間ぐらいで食べられるようになるそうです。

私たちが普段食べている実は若く未熟な状態です。

1週間をすぎると、すぐ大きく・固くなって熟してしまいます。

こうなると、見た目は茶色くなり食べられません。

木質化というそうです。

オクラの花言葉の由来

ちょっと前まで青々としていたのに、数日で茶色く枯れたような外見に…

まるで病にでもかかったようです。

(実際は熟して種を作ってる)

数日のうちに表情がガラッと変わる。

まるで恋の病にかかった乙女のようだ!

…発想の飛躍が日本人離れしていますが、概ねこんな感じらしいです。

この他、寒さに弱くて枯れやすいことから、恋の病という発想が生まれたと言われています。

オクラの日本語名って知ってる?

オクラと人類の歴史はとても古いです。

少なくとも、紀元前にはエジプトで食べられていたという記録が残っています。

ところが、日本人との歴史は浅いです。

江戸時代には入ってきたのですが、あくまでも観賞用でした。

当時の日本人にとっては、オカラのヌメリが嫌だったみたいです。

「アメリカネリ」や「陸蓮根(おかれんこん)」という日本語の名前も決定していたのですが、定着しませんでした。

日本で今のように一般に食べられるようになったのは、1970年代からです。

高度経済成長や大阪万博などで、国際化が一気に進んだ時代ですね。

一般に広まる頃には、日本語名は忘れられて英語名が定着しました。

野菜と花言葉

いかがでしょうか。

オクラの花言葉は、実の見た目や成長の仕方が由来です。

変化の激しさはまさに「恋の病」のイメージにピッタリということですね。

見た目が由来という意味では、ごぼうもそうです。

ごぼうの花言葉は「いじめないで」なのですが、由来を知るとなるほどと思いますよ。

詳しくは「ごぼうの花言葉は何故いじめないでなのか」をご覧ください。

スポンサーリンク