月収16万円で東京で一人暮らしできるか?上京したい人へ

上京して一人暮らししたい!

上京するには、収入源が大事ですよね。

しばらくアルバイトで生活するとなると、月収16万円前後の人が多いと思います。

(16万円=時給1千円×8時間×週5日×4週間)

では、月収16万円で東京で一人暮らしできるでしょうか?

シミュレーションしてみました。

月収16万円で暮らせるか?

お金

まず結論から言います。

可能です。

ただし、普通の方法ではギリギリの生活が続くことになります。

どれぐらいギリギリなのか?

詳しく見ていきましょう。

月収16万円の手取りは?

上京資金

一生懸命アルバイトして、月収16万円。

でも実際にあなたの口座に振り込まれる金額は、ちょっと少なくなります。

所得税、厚生年金、雇用保険、社会保険料…

額面16万円の給料から、いくらか引かれるからです。

いくら引かれるのかは、あなたの状況によって変わります。

一般的には、月収16万円の人の手取りは13万円台

14万円に届かないぐらいになります。

仮に、あなたの手取りが13万5千円になったと仮定しましょう。

この状況で、家賃はいくらまでOKか計算してみます。

上京するには家賃の上限を確認

家賃はいくらまで払うことができるか?

ざっと計算すると7万円が上限になりそうです。

ちなみに、こんな方法で計算しました。

計算式

手取り13万5千円-(通信費1万円-ガス・水道・電気代1万5千円-交通費1万円-生活費3万円)

まず、絶対に外せないのが通信費と光熱費です。

携帯代などで1万円。

電気・ガス・水道を合わせて1万5千円と仮定しました。

手取り13万5千円から通信費と光熱費を引くと、残り10万円。

10万円の中から、家賃と生活費を捻出しなければいけません。

生活費を1日1千円とすると、月3万円。

家賃の上限は7万円です。

かなりギリギリになるのが分かるでしょうか?

上京

1日の出費を1千円以下に節約しなければいけません。

コンビニ弁当を買うのも勇気が必要ですね。

家賃7万円以下の物件なんてあるの?

東京都内の家賃の相場は、かなり高いイメージがありますよね。

家賃6万円台の物件なんてあるのでしょうか?

調べてみると結構あります。

ただし、ほとんどが23区外で駅から徒歩20分以上の物件です。

築年数は30年前後が多いです。

都心に出ようと思うと、電車で1時間はかかるでしょう。

ちょっと不便かもしれません。

23区外に住むと、問題になるのが交通費です。

家賃を安くしても、交通費が高くなれば生活費を削ることになります。

電車

23区内ではどうでしょうか?

23区内の物件で6万円台となると、古い物件が多いですね。

築年数50年なんて物件がゴロゴロあります。

上京

ちなみに、新しい物件で立地が良いのに安い物件は避けましょう。

事故物件、隣人に問題があるなど…色々なリスクがつきまといます。

不動産に「掘り出し物」はほとんどありません。

安い物件には、安い理由が必ずあります。

シェアハウスも選択肢に入れよう

シェアハウスの上京費用

便利で、キレイな建物で、安い家賃。

そんな物件に住みたいなら、普通の賃貸は難しいでしょう。

シェアハウスに住むというのも、選択肢に入ります。

シェアハウスなら、23区内で家賃5万円以下という物件もありますよ。

ただし、シェアハウスにはシェアハウスのリスクがあります。

同居人がコロコロ入れ替わることです。

半年経てば、全員新しい住人に入れ替わることも珍しくありません。

男女比

自分勝手に振る舞う同居人が入ってくると、生活の質が一気に下がるのがシェアハウス。

リスクは覚悟しておきましょう。

>>シェアハウス上京する場合の費用の詳細はこちらを参照

私の従兄弟は上京支援サービスを使った

いかがでしょうか。

月収16万円、手取り13万円台での生活。

普通に賃貸物件を探してアルバイトすると、余裕はありません。

でも、諦めるのは早いですよ。

ようは、家賃などの固定費用をいかに減らすか。

それが大事です。

私の従兄弟は、上京支援サービスを使って上京しました。

上京理由

当時、従兄弟の貯金は30万円。

それでも支援サービスを使ったので、苦労はなかったんですって。

詳しくは「貯金30万円で上京できるか?従兄弟の初期費用節約術がすごかった」をご覧ください。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA