貯金50万円で上京できる?資金は最低いくら必要か

上京したいけど、悩んでいる人は予想以上に多いようです。

最近「貯金30万円で上京できるか?従兄弟の初期費用節約術がすごかった」を書いてから、予想以上の反響に驚いています。

今回はこんな質問が届きました。

「僕も上京したいです。

貯金50万円あればなんとかなりますよね?

仕事は上京してから探します。」

私の従兄弟は貯金が少なかったので、支援サービスを上手に使って初期費用を抑えました。

50万円あれば自力でなんとかなる気もします。

実際のところを調査してきました。

貯金50万円で上京する最低条件

まず結論から言いましょう。

貯金50万円で上京することは可能です。

ただし、余裕はほとんどありません。

安定するまで、かなりキツイ生活が続くでしょう。

貯金50万円で上京

貯金50万円で上京するには、次の条件を最低限クリアしなければいけません。

「2週間以内に仕事を見つける」

これができるならば、ギリギリ生活できるでしょう。

できなければ、2ヶ月目で資金が底をつくはず。

いかがでしょうか。

ちょっとオーバーに言ってるように聞こえますか?

上京資金は最低いくら必要?

上京資金

貯金50万円ではなぜギリギリなのか?

その理由は、初期費用が思った以上にかかるから。

一般的には、上京資金は最低60万円と言われます。

初期費用30万円+生活費30万円。

これが、一般的に言われる上京資金の相場です。

家賃が安い物件でも、不動産仲介手数料や敷金・礼金、家具の調達などでお金が必要です。

トランク一つで上京するなら、日用雑貨を買い揃えるだけでも思った以上にかかります。

残金20万円で乗り切れるか?

貯金50万円で上京。

初期費用が30万円かかった場合、残金は20万円です。

さあ、20万円で何ヶ月生活できるでしょうか?

2ヶ月もてば良いほうです。

・家賃

・電気代

・ガス代

・水道代

これだけでいくらかかるでしょう。

就活するなら、交通費も必要です。

履歴書代や証明写真の費用も、結構痛い出費です。

就活

そこに食費も加わります。

携帯代も払わなければいけません。

冒頭で「2週間以内に仕事を見つけるのが最低条件」と言いました。

その理由は、生活費がすぐになくなるから。

アルバイト・派遣・正社員…

雇用形態は色々ありますが、給料日が決まっていますよね。

就職先を見つけても、実際に給料をもらえるまで時間がかかりますよ。

生活費が足りなくなれば、借金や日払いの仕事を掛け持ちするしかありません。

東京ライフを満喫するどころか、寝る暇もなく働くハメになったら悲惨です。

何のために上京したのか、分からなくなります。

貯金50万円・家賃4万円で上京した友人の苦労話

私の友人に、貯金50万円で自力で上京した人がいます。

古いアパートで、家賃は4万円。

初期費用は諸々で15万円で済んだそうです。

上京

資金だけで見れば、余裕があるようにも見えます。

でも、実際にはかなり苦労しました。

まず、仕事がなかなか決まりません。

当初、友人は教育関係の仕事を探していたのですが全部ダメでした。

日払いのアルバイトをしつつ、就活する日々。

気がつけば1ヶ月たち、貯金は20万円まで減っていました。

さらに2週間後、ようやく就職先が確定。

でも、ここでまた問題発生です。

1着しかなかったスーツが破れてしまい、購入することになりました。

職場が家から遠く、定期代が予想以上に高い。

定期代

しかも給料日は1ヶ月先。

当時、友人はクレジットカードを持っていなかったので、全部現金払い。

給料日まで、パンの耳とマヨネーズだけで何日か過ごしたほど、追い込まれました。

パンの耳

やっぱり上京支援サービスがおすすめ

いかがでしょうか。

貯金50万円での上京は、可能です。

可能ですが、想像以上に余裕はありません。

私の友人はかなり初期費用を抑えたものの、就職先を確保できず苦労しました。

あなたは大丈夫でしょうか?

私としては、自力で上京するのは損だと思います。

上京支援サービスを使えば、住まいも仕事もすぐ確保できるからです。

実際、私の従兄弟は貯金30万円で上京しています。

しかも、初期費用を限りなくゼロに近づけられたので余裕をもって生活できていましたよ。

詳細については「貯金30万円で上京できるか?従兄弟の初期費用節約術がすごかった」をご覧ください。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA