子供が背中を痒がる!冬のかゆみの応急処置とは

以前「子どもの乾燥肌はお風呂が大事」という話をご紹介しました。

すると、このようなコメントが届きました。

子供が毎年冬になると背中を痒がります。

見た目は荒れていないのですが、痒みが強いようです。

背中が痒いと、不眠になりがち。

なんとかしてあげたいですよね。

保湿のあとの応急処置

冬の痒みのほとんどは乾燥肌が原因です。

すでに、何かの保湿はしていると思います。

それでも痒がる場合は、応急処置で対応しましょう。

簡単で確実なのは冷やすこと。

濡らしたタオルで背中を冷やしましょう。

おでこに優しい今治タオル

冬なら常温の水道水で十分です。

氷水を用意する必要はありません。

冷やしたまま寝たいなら、保冷剤をタオルで巻きましょう。

背中の痒み対策の注意点①

背中を冷やして痒み対策をする場合は、注意点が2つあります。

1つは広い範囲を冷やしすぎないこと。

背中全体を冷やす必要はありません。

部分的に冷やすだけで十分です。

ハンドタオルやハンカチで、特に痒みが強い部分を冷やします。

体全体を冷やすと、体温が下がりすぎます。

冷やすのをやめた途端に、体温が急上昇して痒みが強くなる場合があります。

背中の痒み対策の注意点②

応急処置の注意点の2つ目。

冷やした後は、お風呂やストーブで体を温めてはいけません。

ストーブ

急激に冷やし、急激に温める…

これでは痒みが倍増してしまいます。

応急処置を行うのは、お風呂に入った後。

これさえ守れば、痒みはスーッと引くはずです。

背中の痒みを予防するために

毎年冬になると背中が痒くなる子は、乾燥対策が不十分です。

特にお風呂上がりが要注意。

お風呂上がりの過ごし方で予防できることが多いのです。

詳細については「子どもの乾燥肌はお風呂が大事」をご覧ください。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA