横向き寝で腰痛が治らない人へ【寝起きに腰が痛くなる人が見落とすこと】

腰痛に良いと言われる横寝。

それなのに寝起きに腰が痛くなる人は多いんです。

なぜ寝起きに腰が痛くなるかお話します。

横向き寝しても腰痛が治らない原因は?

お昼はそんなに腰は痛くないのに、寝起きは痛い。

そんな人は、体の筋肉が硬直しています。

例えば寝返りがきちんとできていない場合。

動きが極端に減るので、筋肉が硬直してしまいます。

でも、筋肉の硬直は他にも原因があります。

あなたの生活習慣が引き金になっていることがよくあります。

横向き寝の腰痛は生活習慣が引き金

横向き寝は腰への負担が少ない体勢です。

それなのに寝起きに腰が痛いのはなぜ?

答えは、筋力と柔軟性が低下しているから。

あなたは普段、腰をひねる動きをどれだけしますか?

腰をひねる動作は、多くの筋肉を使います。

現代人はこの動作が少なくなりがち。

特にデスクワークの人は、ほとんどひねりません。

腰のひねり

体をひねる動作が少ないと、筋力低下&柔軟性が下がりやすくなる。

その結果として、寝起きの腰痛が起こりやすくなるのです。

寝起きの腰痛対策は準備運動が大事

寝る前に準備体操をしていますか?

やるのとやらないのでは、全然違いますよ。

準備体操といっても、大したことはありません。

椅子に座って足を組みます。

そして、上に乗せた足側に腰をひねるのです。

横向き寝の腰痛対策

この状態を10秒ほどキープ。

左右交互に数回繰り返します。

たったこれだけの動作ですが、変わるんですよ。

寝る前もやりますが、仕事の合間にするのもおすすめ。

腰の疲れがとれやすくなります。

マットレスより寝返りの質を左右するものとは

「マットレスが合っていないのでは?」

寝起きに腰が痛くなると、疑いたくなりますよね。

実際は、横向き寝の場合は枕の影響が大きいのです。

横向き寝は寝返りしやすい体勢なので、マットレスが多少合っていなくても体は動きます。

しかし、枕の高さや硬さが合っていないと大変です。

首の筋肉に負担。

肩周りの血行悪化

背中・腰の筋肉も硬直

このような図式で、背中側の広い範囲の筋肉に影響が及びます。

横向き寝で違和感があるなら、まず枕を疑いましょう。

どんな枕が横向き寝に良いのか?

選び方の詳細については「横向き寝の寝心地をよくする方法」をご覧ください。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA