横向きで寝るとアバラや肩が痛い【寝心地よくする方法】

いびき防止や睡眠時無呼吸症候群の予防のために

横向きで寝るのが良いって聞きますよね。

私も横向きで寝ているのですが、

どうも肩やアバラ骨がベッドにあたって痛い気がする。

この不快感を消す方法を調査しました。

横向きで寝ると肩やアバラが痛い理由

寝る時に大事なのはやっぱり枕です。

横向きで寝るとき、背骨、首、頭が水平になるのが理想。

枕の高さが合わないと、体に負担がかかります。

枕が低いと首が下がる→肩が窮屈・アバラが痛い

枕が高過ぎると首が上がる→首や肩周辺の血流が悪くなり疲れる

肩やアバラが痛いという人は、

ほとんどの場合枕が低くて首が下がっている場合が多いのです。

一般的な枕は横寝には不向きな場合が多い

一般的な枕は、仰向けで寝るのを想定しています。

そのため、大抵の場合は横向きで寝るには低すぎます。

横向きで寝るときの枕

さらに、横向きで寝るためには頭が沈む枕はNG。

ある程度の反発力がある枕でないと

楽な姿勢を保つことができません。

最近、抱きまくらが人気なのは

普通の枕よりも横向きで寝やすいからでしょう。

横寝と抱きまくら

ただし、抱きまくらは大きさや感触が合わないと寝られません。

暑さが気になったり、

抱きついたときの体勢がしっくりこないことも多いので

当たり外れが普通の枕よりも激しいです。

私も試しましたが、思った以上に窮屈に感じたのですぐやめました。

amazonや楽天のレビューを見ていても、

絶賛している人と不満を持つ人のレビューの差が激しい商品ばかりです。

抱きまくらにするぐらいなら、

普通のまくらにタオルを何枚か巻いて高さを上げる方が

快適に眠ることができますよ。

横寝専用の枕がある

横向きで寝たいなら、

抱きまくらよりも横寝専用の枕を使うのが良いと思います。

横寝したときに体の姿勢が楽になるように

特殊な形をしているので見ればすぐに分かります。

特に腕を置くポジションが安定するのが予想以上に快適なんですよ。

横寝専用の枕

横向きで寝るとき、腕をどんな風に置くのかは

眠りの質に直結します。

朝起きて腕が痺れていると不快ですよね。

寝ている間も脳は不快な感覚を感じているので

腕が痺れると寝ていても脳が休めません。

横向き専用の枕は抱きまくらのような窮屈さもないので、

一度試してみると病み付きになります。

 
横向き寝専用まくら「YOKONE」の詳細はこちら

 

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA