ロールケーキで腹痛・嘔吐・下痢になる【生クリームと乳糖不耐症】

生クリームたっぷりのロールケーキ。

ふんわりして美味しいですよねえ。

ところが食べた後しばらくすると

急にお腹が痛くなったり、

下痢や嘔吐してしまう人がいます。

私も大人になってから

お腹が痛くなりやすくなりました。

原因や対処方法についてご紹介します。

食あたりではなく生クリームの乳糖を分解できない

生クリームなどの牛乳由来の製品には

乳糖という成分がたくさん入っています。

通常ならば小腸のラクターゼという酵素で

分解・吸収することができます。

しかし、このラクターゼは

大人になると分泌が少なくなってしまうのです。

ラクターゼが不足すると、

生クリームや牛乳などをたくさん食べると

上手く消化できなくなります。

ロールケーキで下痢や嘔吐

分解されなかった乳糖は

腸内細菌の働きで発酵し始め、

脂肪酸や炭酸ガス・水が発生します。

こうなると腸内環境が急変してしまうので、

腸がびっくりして排除しようとします。

その結果、下痢や嘔吐などが起こるのです。

今まで下痢など起きなかった人は、

初めは食あたりと勘違いしてしまいます。

下痢や嘔吐で出しきった後、

腸の調子がすぐに戻ったなら乳糖不耐症の可能性があります。

高級志向・本物志向のケーキほど症状が出やすい

最近のスイーツは、

高級志向・本物志向のものが増えましたよね。

実は残念なお知らせがあります。

乳糖を分解するのが苦手な人は、

高級志向のケーキを食べるとお腹が痛くなりやすいのです。

生クリームで下痢になる

生クリームは、

高級なものほど乳脂肪が多い傾向があります。

安い生クリームは、

植物性の脂肪分を混ぜて作られます。

乳糖を分解するのが苦手な人は

濃厚で、コクがあって、

風味豊かな生クリームであればあるほど、腹痛で苦しむ確率が…!!

アレルギーと乳糖不耐症の違い

乳製品アレルギーと乳糖不耐症は

似ているようで全く違うものです。

乳製品アレルギーは、

乳製品そのものに免疫が過剰反応することを言います。

アレルギーの場合は不用意に食べると

命に関わる重大な症状を引き起こす可能性があります。

乳糖不耐症の場合は、

消化不良によってガスがたまったり、

酸性度が強まったりする腸内の物理的問題です。

免疫細胞が攻撃しているのではなく、

腸の活動によって下痢や嘔吐が起こります。

中に溜まっているものを外に出せば、

すぐに症状が治まるのです。

対処方法はあるのか

1番簡単な対処方法は、

食べる量を減らすことです。

でも、ロールケーキにショートケーキ、

生クリームを使ったスイーツは食べたいですよねえ。

どうしても生クリームを食べるのを辞められないなら、

ラクターゼ錠剤を使うのがおすすめです。

薬局などで手に入る整腸剤ですね。

新ビオラクターゼ錠など

色々な商品が販売されています。

ラクターゼで生クリームの消化を助ける

分解酵素のラクターゼを外から補って

消化を助けてあげれば

とりあえず腹痛で苦しまずに済みますよ。

 


 

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA