猫を飼っている家の売却は不利か?準備と覚悟で乗りきれる

家を売却したい。

これからの生活が一変するので

慎重になりますよね。

ところで猫を飼っている家

売却価格が下がったりしないのでしょうか?

不動産会社で働いている友人に

話を聞いてきました。

査定金額は下がらないが…

不動産会社で働く友人に確認したところ、

最初の査定金額は

猫を飼っていない家とほとんど変わらないそうです。

猫を飼っている家を売りたい

フローリングや柱などに

爪とぎ跡が目立つなど

マイナスポイントがなければ…という前提ですが。

家の査定額に大きく影響するのは、

家の大きさや耐震性、

土地の立地や周辺環境です。

でも、安心するのはまだ早いです。

査定金額というのは

あくまで不動産会社の経験にもとづいて

提示されるもの。

査定金額そのままで本当に売れるかというと、

そうではないことが多いのです。

値下げ交渉が必ず発生するのは覚悟しよう

家を売りたいあなたは、

「少しでも高く売りたい」と思っていますよね。

そして、これから家を買いたい人は

「少しでも安く買いたい」と思っています。

例え査定金額が3000万円だっとしても、

買いたい人が納得しなければ売れません。

猫を飼っている家は、

猫を飼っていない人から見るとマイナスです。

「臭わないか?アレルギーはでないか?キズはないか?」

猫を飼っている家の売却

ペットを飼っていない家以上に、

気になる点がたくさん出てきます。

これらを値引き交渉の材料にして、

少しでも安く買おうとすることでしょう。

しかし、ここでムキになっては負けです。

ある程度の値引き交渉は必ず発生します。

例えば壁紙やフローリングのリフォーム代として

100万円ぐらい値引きするぐらいの覚悟はしておきましょう。

相手の要求を聞いて「負けてあげる」ふりをしながら、

実際には想定通りの金額で売却する。

これが上手な交渉です。

事前リフォームより値下げが喜ばれる

家を売るときには、

内覧で家の中をくまなくチェックされます。

一般媒介契約で失敗

家の中を片付けるのは

最低限の条件です。

それでは、売りに出す前に

リフォームで綺麗にしておくべきでしょうか?

不動産会社の友人に聞いてみると、

「リフォームしたほうが良い場合とそうでない場合がある」

こんな風に言っていました。

売却前に引っ越して空き家の状態で売却する場合は、

先にリフォームしたほうが

買い手がつきやすくなります。

住みながら売却する場合は、

買いたい人との交渉の中で

リフォーム相当分を後から値引きするほうが喜ばれるそうです。

買いたい人の中には

「前に住んでいた人の痕跡を少しでも消したい」

と思っている人がいます。

そんな人の場合は、

値段が下がった分で自分でリフォームするほうが

気持ちがスッキリするんですって。

とはいえ、不動産は基本的にケース・バイ・ケースです。

仲介してくれる不動産会社や

内覧に来てくれた人の話はよく聞いて

柔軟に対応する覚悟は決めておきましょう。

>>不動産会社と一般媒介契約をしたら失敗するって本当?

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA