運動後に歯茎が痛い原因は酸欠?血流アップで予防できる

ダッシュや自転車など、

短時間に激しい運動をすると歯茎が痛いことがあります。

周りに言っても「どういうこと?」と聞き返されるだけで、

誰にも共感してもらえませんでした。

場合によってはアゴが痛くなることもありますね。

ネットで調べてみると、

運動した後に歯茎が痛い人はそこそこいるようです。

原因と予防・対処方法について調べてみました。

歯茎の痛みは血流不足で酸欠になっているサイン

激しい運動をすると、

顔や首の筋肉にも力が入りますよね。

このとき、力みすぎると首周辺の筋肉が硬直します。

筋肉の緊張によって、

首の先にあるアゴや歯茎周辺の血流が悪くなり、

酸欠状態になってしまうのです。

痛みは、歯茎やアゴ周辺の細胞からの酸欠のサイン。

酸欠状態を痛みとして脳に伝えて、

本能的に休息を取らせようとしているのです。

歯茎の痛みを予防・改善する方法① 首のストレッチをする

マラソンなどの激しい運動後に起こる歯茎の痛みは、

血行不良による酸欠が原因。

これを予防するためには、

運動前に首のストレッチを入念にしてあげましょう。

これだけでもかなりの予防になります。

運動前にクビのストレッチをする習慣がない人は、

ちょっとするだけで効果てきめんですよ♪

歯茎の痛みを予防・改善する方法② ごぼう茶

この前友達から教えてもらったのですが、

激しい運動後にごぼう茶を飲むと歯茎の痛みがスーッと引いたんです。

ごぼう茶

しかも、歯茎の痛みだけでないんです。

頭痛や手足の筋肉痛の改善も早くなるんですよ。

初めて飲んだ時にはびっくりしました。

ごぼう茶はビタミンEが豊富で、

血行促進効果があるんですって。

鉄分も入っているので貧血予防にもなるし、

ポリフェノールたっぷりで抗酸化作用もバッチリ。

激しい有酸素運動をした後、

体のダメージを取り除くのにぴったりのお茶なんです。

普通のお茶より香ばしい風味があるので、

運動後にゴクゴク飲むと、最高に美味しいんですよねえ♪

スポーツドリンクを飲むよりもスーッと爽快で、

涼しく感じるところも嬉しいポイントです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA