8時間ダイエットで牛乳は飲んでもいい?飲み物の選び方

8時間ダイエットが流行っていますね。

1日の食事を8時間以内で完結して、

残り16時間は食べない。

問題は食べない間の過ごし方です。

水やコーヒーはOKといいますが、

牛乳はどうなのでしょうか。

牛乳は低糖質飲料

牛乳はカロリーが高そうなイメージがありますが、

100ml中の糖質は5グラム以下。

低糖質食品で血糖値が上がりにくい飲み物です。

牛乳の糖質のほとんどが乳糖と呼ばれるもので、

日本人はうまく分解できない人が多いと言われています。

つまり、ほとんど血糖値が上がる要素がないということ。

8時間ダイエットで食べられない時間帯に飲んでも大丈夫です。

ただし、飲み過ぎると8時間ダイエットのメリットが

半減してしまいます。

牛乳を飲むと胃腸を休めることができない

8時間ダイエットは、

食べない時間中に脂肪を燃焼させることが狙いです。

それと同時に、胃腸を休ませて腸のコンディションを整え、

便秘改善につなげるというもの。

牛乳を飲んでも脂肪の燃焼の邪魔にはなりません。

でも、腸を休ませることができない可能性があります。

8時間ダイエットと牛乳

牛乳はタンパク質などの栄養が豊富ですが、

消化するためには多くの酵素やエネルギーを使います。

腸内環境を整えてダイエットにつなげるという視点から言うと、

牛乳を飲み過ぎると効果が減ってしまうのです。

8時間ダイエット中の飲み物の選び方

8時間ダイエットで食べられない時間帯に牛乳を飲むなら、

コップ2杯までにしておきましょう。

それ以上飲むと、腸を休ませられません。

8時間ダイエットは、

食べない16時間の間に腸内環境を整えられるのが一番のメリット。

これを最大限に活かしましょう。

これは牛乳以外の飲み物を選ぶ時でも同じ。

低糖質の飲み物か?

腸に負担をかける飲み物ではないか?

これが判断基準になります。

8時間ダイエットで空腹感をごまかす方法

8時間ダイエットの成功のカギは、

食べてはいけない時間帯の過ごし方です。

私も牛乳を飲むだけで我慢してみたのですが、

やっぱりお腹が空いてイライラしました。

食べてはいけない16時間をイライラせずに耐えるには、

チアシード入りのサプリメントがおすすめです。

チアシードは水分を含むと膨張するので

空腹感を大幅に減らすことができます。

カロリーも少ないし、

ミネラル不足も解消できるので8時間ダイエットにはちょうどいいのです。

チアシードはそのままでは食べにくいので、

【スーパーフードプライマリースリム】のように

チアシードがカプセルに入っているサプリメントが食べやすいです。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA