高校生の息子のニキビを治したい【思春期は肌の善玉菌を増やすべし】

昨日「めんどくさがりの中学生の男の子向けのニキビ対策」をお話ししました。

すると、昨日書いた記事を見た人から、高校生の息子さんについてこんな相談がありました。

洗顔や化粧水などのスキンケアをしっかりしてるのにニキビがすぐできて困っています。

今回の相談者の息子さんは、美容に熱心なんですね。

マメな性格なら、昨日とは違う対策を紹介できそうです。

マメにケアしても治らない思春期ニキビ、しっかりやっつけちゃえ♪

スポンサーリンク

思春期ニキビは大人ニキビの違い

思春期ニキビと大人ニキビの違いは、ひとことで言うと代謝の活発さです。

10代の人は代謝が盛んですが、ホルモンバランスが不安定です。

しっかり保湿してできていても、関係なく皮脂が分泌される。

毛穴が詰まりやすく、ニキビの原因菌が増えやすいんです。

大人ニキビの場合は保湿が第一ですが、思春期ニキビは菌とうまく付き合うことが大事。

殺菌や炎症対策だけでは予防にならない

市販のニキビ対策のスキンケアグッズのほとんどが、アクネ菌などの原因菌を殺菌することと、炎症を抑えるものですよね。

菌のイラスト

洗顔で余分な皮脂や汚れを落として、菌を増やさないようにする。

これは正しいんですが、殺菌効果の高い洗顔フォームなどを使うとお肌に良い善玉菌まで減ってしまいます。

男のスキンケア

善玉菌はお肌を守ってくれる仲間です。

善玉菌まで減らしてしまうと、悪さをする菌が増えやすくなります。

肌の善玉菌

思春期ニキビ対策では、善玉菌と悪玉菌のバランスを整えることが第一。

若い時期に皮脂の分泌を止めることはできないし、全ての汚れを取り切ることも難しい。

それよりも、善玉菌が活躍しやすい環境を整える。

このほうが長期的なニキビ予防になるし、ニキビの跡も治りやすいです。

善玉菌を増やすスキンケア

肌の善玉菌を増やすって簡単なようで、結構難しいです。

自然に増やそうとすると、洗いすぎず、健康的な食生活や睡眠をとるぐらいしか対策がありません。

でも、自然にそれができるならニキビで悩まないですよね^^;

冬の肌トラブル

そんな人の声が届いたのでしょうか。

最近、市販のスキンケア用品でも、善玉菌を増やすことに着目したものが出てきました。

せっかくなので、うまく使いこなすのが近道だと思います。

例えば、ヒューマンフローラ。

ボディーソープ、ローション、乳液のセットで、肌が荒れている状態で使えるのが特徴です。

私もお試しセットが安かったので試してみたんですが、いい匂いでお肌がしっとりモチモチするので気持ちよかったです。

 
【ヒューマンフローラの詳細はこちら】

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA