オスカー像の数【今まで何体授与されたのか調べてみた】

アカデミー賞の象徴といえばオスカー像。

アカデミー賞自体は1929年に誕生していて、オスカー像を贈るようになったは第2回目の授与式から。

(一番最初は盾でした)

ふと、今まで何体のオスカー像が贈られたのか気になったので調べてみました。

1回の授与式で贈られるオスカー像の数

今まで何体のオスカー像が贈られたのか。

ちゃんと調べる前は

「1年に贈られるオスカー像の数を調べればすぐ分かる」と思ってました。

でも甘かった!

さくっと調べてみると、アカデミー賞の部門は増えたり減ったりしているし、特別賞が贈られることもある。

つまり、毎年の数×年数という計算では正確な数は分からない。

なんてこった^^;

ここまで来たら、きっちり調べてみましょう!

オスカー像の数は今まで何体?

第87回(2015年2月開催)までの間で贈られた

オスカー像の数は、2,947体

(英語版wikipediaより)

1回平均33.87体贈呈される計算ですねえ。

多いと思うか、少ないと思うか、人によって受け取る印象が変わりそうです。

ちなみに、日本のカーリングの競技人口が3千人くらいだそうです。

ちょっとピンと来ませんか^^;

従業員3千人の企業と同じぐらいと考えれば、多いですね。

オスカー像1体の制作費は約400ドルと言われていますので、これまでのオスカー像の製作コストの総額は1,178,800ドル!

1ドル=100円で計算した場合、1億1,788万円になります。

さすがアカデミー賞!というべきなのか

意外と少ないと考えるのか…

アカデミー賞って調べると奥が深いです。

 
>>オスカー像の手に持っているものは?
 

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA