オスカー像の値段【売却額や製造費用の豆知識】

毎年大々的に報道されるアカデミー賞。

アカデミー賞といえば、オスカー像ですよね。

ごく限られた人たちしか手にできないオスカー像。

どれくらいの価値があるのでしょうか。

1950年以前のオスカー像の値段

オスカー像の値段は、1950年より前か後かで大きく変わります。

まず、1950年よりも古いオスカー像の場合です。

2012年に15個のオスカー像がオークションにかけられたのですが、合計で306万89ドル(当時のレートで約2億4800万円)で落札されました。

一番高かったオスカー像で、58万8455ドル(当時のレートで約4800万円)

1941年受賞

『市民ケーン(Citizen Kane)』の脚本家

ハーマン・マンキーウィッツのオスカー像でした。

イメージどおり、かなり高額で取引されていますね。

オスカー像は希少性が高いので、お金のあるコレクターにとっては憧れの像なのです。

1950年以降のオスカー像の値段

では、1950年から現在までのオスカー像の値段は?

答えは、1ドルです。

え!?って思いますよね。

正確には、1950年以降のオスカー像は売買が禁止されていて、売却した場合は盗品扱いになり、映画芸術科学アカデミーが1ドルで回収してしまうんです。

知らずに買ってしまった場合は、かなり悲劇的なことになってしまいます…。

その悲劇の人で有名なのが、マイケル・ジャクソン。

「風と共に去りぬ」の作品賞のオスカー像を150万ドルで落札した後、1ドルで没収されてしまいます^^;

日本で有名なのが、なんでも鑑定団に出演したこちらのオスカー像。

オスカー像

1960年の作品なので、当然鑑定額は1ドル。

視聴者は本物なのに1ドルという評価額で騒然としたことでしょう。

ちなみにこの出演者は300万円で買ったそうですが、映画芸術科学アカデミーに見つかると回収されちゃいますね^^;

オスカー像の製造費用

こんな高値で取引されるオスカー像。

製造コストはどれくらいでしょうか。

オスカー像は錫と銅の合金製。

純金ではなく、24金メッキでできています。

製作期間は3~4週間程度。

製造費は約400ドルだと言われています。

ただし、オスカー像は作品によって一つ一つデザインが変わるので、お金がかかっているものもあります。

例えば、ディズニーが白雪姫で獲得したオスカー像。

オスカー像

7人の小人をモチーフにしたオスカー像になっています。

なかなかおもしろいですよね。

こうした細かなデザインの違いもあるので、コレクターはますます憧れてしまうのですが…

お金があっても手に入らないオスカー像。

購入をもちかけられたら詐欺ですのでご注意を^^;

 
>>アカデミー賞のドレスの話はこちら
 

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA